山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 初等体育科教育学
時間割番号 EEC157 C
担当教員名 中村 和彦/末永 祐介/福留 あゆみ/加藤 三紘
開講学期・曜日・時限 後期・木・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
小学校教員として、体育の授業を実践するための能力(知識・教材研究・実技能力・指導力)を高めることを目的とする。
<到達目標>
1.小学校体育の目標及び内容を理解理解する(文部科学省学習指導要領をもとに)。
2.小学校体育の領域及び内容の取り扱いを理解する。
3.「体つくり運動」領域、「陸上運動」領域、「水泳」領域の授業実践能力を高める。
<授業の方法>
講義、演習、実技
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 30  %小学校体育の目標及び内容の理解、実技能力 
2小テスト/レポート 20  %授業内容を各自でノート学習する。 
3受講態度 50  %出席回数を評価するとともに、主体性(関心・意欲)、工夫(思考・判断)を評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
児童の発育発達段階に応じた体育のあり方について理解し、認識を深めてほしい。
施設の関係上40名限定とします。希望者が多い場合は、コンピューター処理にて上学年が優先されます。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 文部科学省, 小学校学習指導要領解説・体育編, 東洋館出版社
<授業計画の概要>
授業のテーマに関するノート学習で、内容の理解を深める。

1 オリエンテーション:授業の目標・概要や進め方についての理解
2 発達的視点に立つ「保健体育科教育」の概観
3 子どもの成長と運動発達
4 今日の子どものこころとからだの諸問題と体育の意義
5 文部科学省学習指導要領における体育の位置づけと目的
6 体育の具体的な教育内容と授業を展開する教師の役割
7 「体つくり運動」領域の内容と指導方法
8 「陸上運動」領域の内容と指導方法
9 「水泳」領域の内容と指導方法
10 まとめ:今後の体育科教育の方向性