山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 情報科学入門及び実習
時間割番号 EEC102 A
担当教員名 山際 基/宇多 賢治郎
開講学期・曜日・時限 前期・水・II 単位数 2
<対象学生>
障・芸身
<授業の目的および概要>
情報化社会において不可欠なネットワーク及びコンピュータの基礎的操作方法を、実習を通して身につける。コンピュータ操作の基本,WordやExcelなどのコンピュータソフトの基本的な操作を習得した後、プレゼンテーションの基礎についても教示する.
<到達目標>
大学におけるコンピューターネットワークの基礎的事項について理解するとともに、Microsoft社のWord、Excel、PowerPointのソフトを組み合わせて、短時間に基本的な文書の作成、修正、分析およびプレゼンテーション資料の作成ができるようにする。
<授業の方法>
情報処理センター実習室を利用して実習形式で行う。毎週、授業時間内に解く課題を設け、提出してもらう。期末には3種類のソフトを組み合わせた文書作りを内容とするテストを課す。出席を重視する。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %授業内容を踏まえた文書や資料を作成できているかを評価する。 
2小テスト/レポート 30  %各ソフトの操作方法について理解度を評価する。 
3受講態度 20  %自身の知識や技能の不足を見直し、研鑽する姿勢を評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
この授業をパソコンの授業と思って受講すると、肝心な部分を聞き逃します。教員になるために必要な技能を教えるので、そのつもりで受講してください。また、パソコン操作の習熟度に応じてクラス編制を行うことがあります。
<テキスト>
  1. 宇多 賢治郎, 教育の場で「説明する」ためのパソコン術, 学文社, ISBN:978-4762026997
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
受講者のレベルに合わせて内容を調整するが、基本は以下、2016年度の授業進行を参考に行う。
1回  大学内情報システムとその利用方法について
2回〜3回  Windowsの基本操作(フォルダの操作、コピー・削除、記録媒体の利用など)
4回〜6回  図表の作成
7回〜9回  文書体裁の整え方
10回〜13回  計算の効率化
14回〜15回  Officeソフトを組み合わせる使い方、総括評価とまとめ