山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 視覚伝達デザイン(映像メディア表現を含む。)
時間割番号 EEA221
担当教員名 村松 俊夫
開講学期・曜日・時限 前期・水・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
外部情報の80%あまりを占めるといわれる“視覚”の基本的知識と理論を、「錯視」と「遊び心」の2つのキーワードから概説しヴィジュアル・コミュニケーション・デザインの基礎とする。また、コンピュータを使い、ヴィジュアル・コミュニケーションの実際を体験する。
<到達目標>
“視覚”に対する基本的知識を得て、グラフィックリテラシーを理解する。
コンピュータを使用し、ヴィジュアル・コミュニケーションアイテムを作ることができる。
<授業の方法>
授業は、講義と演習を併用してすすめる。講義は主としてスライドなどの視覚教材を中心に進め、演習ではコンピュータを使用してポスターやフライヤー(チラシ)、DMの制作も試みる。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 70  %提出課題の独創性・有用性・完成度。 
2受講態度 30  %授業中の発言など、学習に対する積極的姿勢。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
本年度は、履修者の人数によって内容を大幅に変更する可能性がある。その場合は、ガイダンス時に詳細に連絡する。また、複合的かつ弾力的に学習するので、授業の進み具合によっては、内容の変更・順序の入れ替わり・一部割愛などがある。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1.ガイダンス・授業内容
2.目の構造と目の働き、知覚像の歪みと修正
3.形の成り立ち、地と図の関係、
4.形の見え方、群化の要因、図の相互作用
5.錯覚と錯視、幻覚と錯覚、幾何学的錯視
6.対比錯視、定位錯視、クレーター錯視
7.だまし絵の系譜、視覚の不統一、矛盾図形・不可能図形
8.部分と全体、反転図形、両義図形、多義図形
9.図形の方向と形の認知、逆さま文字、おどけた顔・苦い顔
10.空間の認識、奥行きの知覚、生理的手掛かり、経験的手掛かり
11. アナモルフォシス、歪像画、歪み絵、鞘絵
12. 立体構造と視点の変換
13. マテリアルの変容、フェイクな質感
14. 擬態、ミミクリー・ミメーシス
15. 総括評価・まとめ