山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 絵画理論
時間割番号 EEA205
担当教員名 井坂健一郎
開講学期・曜日・時限 後期・火・III 単位数 2
<対象学生>
芸術身体教育コース(美術教育系)2年次生
<授業の目的および概要>
色彩における色相・明度・彩度と、形態における線・面等の要素と動勢・均衡・比例・調和等の原理について講述する。また、現代の絵画表現にも着目し、絵画の動向を把握する。絵画から展開された表現に関しても考察する。本授業の目的は、絵画について独自の理論構築ができるようになることであり、将来、教員や学芸員の職に就いたときに、それぞれの場で絵画を論理的に説明できる能力を養う。
<到達目標>
絵画をさまざまな角度から考察、分析し、論理的に解説することが出来る。
<授業の方法>
スライド、ビデオ、配付資料等によって、西洋・日本・東洋の作品を鑑賞し概説する。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %絵画をさまざまな角度から考察、分析し、論理的に解説することができたか。 
2受講態度 20  %講義内容に関する質問や、研究発表への積極的な取組姿勢を評価する。 
3発表/表現等 30  %授業中のディスカッションに積極的に参加したか。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
授業時間外での「絵画」との出会いを大切にしてもらいたい。そして、自分自身で論理的に作品解説ができる能力を身につけてもらいたい。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 谷川渥、小澤基弘、渡邊晃一、宮脇理、井坂健一郎 他, 『絵画の教科書』, 日本文教出版, ISBN:4783010064
  2. 山木朝彦、仲野泰生、菅章、前田ちま子、井坂健一郎 他, 『美術鑑賞宣言 学校+美術館』, 日本文教出版, ISBN:4536400478
<授業計画の概要>
1.ガイダンス
2.絵画における構成・コンポジション・構図
3.絵画における場の定義
4.絵画における場の考察
5.作家研究 I 「坂本繁二郎、牛島憲之、ニコラ・ド・スタール」
6.作家研究 II 「野見山暁治、松本竣介、F.フンデルトワッサー」
7.作家研究 III「大沼映夫、絹谷幸二、有元利夫」
8.作家研究 IV 「アンゼルム・キーファー、大竹伸朗、古井 智」
9.作家研究 V 「中西夏之、辰野登恵子、中村一美」
10. 作家研究 VI 「奈良美智、越前谷嘉高、小林孝亘」
11.日本の現代絵画の動向
12.世界の現代絵画の動向
13.受講学生による研究発表
14.受講学生による研究討議
15.総括評価