山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 中等理科教育法II
時間割番号 CPT203
担当教員名 御園生 拓
開講学期・曜日・時限 前期・木・I 単位数 2
<対象学生>
教職免許(理科)取得希望者(3年次〜)
<授業の目的および概要>
平成21年に改訂された学習指導要領に基づき,理科教育の目標、方法、および内容を理解し、実践的な指導力の育成を行う。
<到達目標>
主に物理、化学分野について高校の理科の内容を把握し,学習指導案の作成および指導方法を習熟する。
<授業の方法>
年次ごとの教職科目の履修。教職を目指す強い意思。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %講講義や演習により獲得した内容や考えを踏まえた論理構成力等 
2受講態度 50  %基本的に出席は必須である 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
(未登録)
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 文部科学省, 高等学校学習指導要領解説理科編, 文部科学省,
    (http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2010/01/29/1282000_6.pdf)

  2. 左巻健男, 授業に活かす! 理科教育法 中学校・高校編, 東京書籍, ISBN:4487803357
  3. 畑中忠雄, 若い先生のための理科教育概論, 東洋館出版社, ISBN:449102507X
<授業計画の概要>
第1回:理科教育とは、 この講義の進め方。
第2回:理科教育の目的と内容
第3回:理科指導のあり方と理科教育の歴史
第4回:科学と技術、環境教育
第5回:理科教育でのコンピュータ利用
第6回:物理教育の目的
第7回:物理の生徒実験と演示実験における教材の選択
第8回:化学教育の目的
第9回:化学実験計画と安全教育
第10回:化学実験の実際(生徒実験と演示実験)
第11回:物理模擬授業の準備(班編制による指導案の作成)
第12回:物理模擬授業と相互評価
第13回:化学模擬授業の準備(班編制による指導案の作成)
第14回:化学模擬授業と相互評価
第15回:本講義の重点事項の確認