山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 ドイツ語中級II(総合)
時間割番号 CGM203A
担当教員名 橋本 不二男
開講学期・曜日・時限 後期・水・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
ドイツ語における「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能について、それぞれの基盤となる知識を応用して、より実践的なトレーニングを行う。キリスト教の発展史を教材にしてドイツ語能力を養うことが目的です。歴史年表形式にしてキリスト教の成立と発展過程を、ドイツ語の表現練習を取り入れながら、学ぶ予定です。
 キリスト教はユダヤ教を基にして成立しそして発展しましたので、ユダヤの歴史にも触れながら、ローマ帝国内に展開してゆく様子を探求します。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1知識と視野ドイツ語で書かれたキリスト教史をテキストとして使用し、初期キリスト教が発展する様子を理解するともに、主に作文問題などによってドイツ語の総合力を高める。
2 能力と技能ドイツ語によるコミュニケーション能力を涵養する。
3 人間性と倫理性言語によるコミュニケーションは人間性と倫理性によって成立する。このことに思いを致しながらトレーニングを行う。
<授業の方法>
初級文法項目を総合的に確認できるように、「話す」「読む」「書く」の技能がなるべく満遍なくトレーニング出来るように注意しながら学習を進める予定です。授業用のプリントを作成する予定ですので、プリントの講読や作文問題等で目標達成に留意します。
 また、ドイツ語の「聞く」能力を養う目的で、授業の後半では聖歌を教材にして、CDを使ったリスニング練習も行います。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 30  %探究心と独自性を評価する。 
2受講態度 35  %遅刻及び受講態度に問題のある場合は減点対象となる。 
3発表/表現等 35  %積極性と理解度を評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
ドイツ語や初期キリスト教の歴史、あるいは聖書について興味ある人は受講して下さい。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1.コース紹介とエルサレムのビデオ
2.ユダヤ教とキリスト教(1)
3.ユダヤ教とキリスト教(2)
4.ユダヤ教とキリスト教(3)
5.歴史年表によるキリスト教の成立と発展過程(1)
6.歴史年表によるキリスト教の成立と発展過程(2)
7.歴史年表によるキリスト教の成立と発展過程(3)
8.歴史年表によるキリスト教の成立と発展過程(4)
9.DVDによる新約聖書の世界
10.ローマ帝国とキリスト教への迫害(1)
11.ローマ帝国とキリスト教への迫害(2)
12.ローマ帝国とキリスト教への迫害(3)
13.コンスタンティヌス帝とミラノ勅令(1)
14.コンスタンティヌス帝とミラノ勅令(2)
15.総括
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
A.技術者の責務の自覚
 土木環境技術が人間社会や自然環境の変化に及ぼす効果・影響を理解し、自然と調和した人類の持続的発展のために土木環境技術者が果たすべき責務を自覚する。