山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 ドイツ語中級I(総合)
時間割番号 CGM201C
担当教員名 工藤 眞一
開講学期・曜日・時限 前期・水・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
 大学で二つめの外国語を学ぶことは、言葉というものについての知識を一層幅広いものにするのみならず、物事を複眼的に眺める批判的精神を培う上にも有益な刺激を与えてくれるはずです。

 この授業では、1年次のドイツ語の授業を通して習得した文法事項の復習を交えながら、現代の私たちを取り巻くタイムリーな出来事をドイツと日本の共通の土台の上で見つめ、考えてみたいと思います。

 近年、「異文化理解」という言葉を耳にする機会が増えてきたように感じますが、その言葉の背景には、自国をも含む広範な文化現象全般に対する様々な視点が含まれていると思われます。この時間ではその意味からも、特に「日本におけるドイツ」、「ドイツにおける日本」という視点に立った授業も進めていきたいと考えています。

 前期では、テキストの順番に従って、日本で見かけるドイツ製品、ドイツで暮らす様々な国からの人々、旅行大国ドイツと有給休暇、ドイツ生まれの車、パンとドイツ料理についての、興味深い内容が含まれています。
 
 また、テキストの他にも様々な教材(CD 、DVD、VHS 等)、資料等も折にふれ使用していく予定です。
 
 前期クラス、後期クラスのどちらからスタートしても構いません。

 安心して受講して下さい。
 
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1知識と視野1. 受講者は、各課ごとの文章を読み、その意味内容を理解できる。
2. 受講者は、各課ごとのテーマについて、自ら調べ、報告し、討論することができる。また、それらをまとめて提出できる。
2 能力と技能ドイツ語によるコミュニケーション能力を涵養する。
3 人間性と倫理性言語によるコミュニケーションは人間性と倫理性によって成立する。このことに思いを致しながらトレーニングを行う。
<授業の方法>
 使用テキストを中心に進む各課において、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をなるべく満遍なくトレーニング出来るよう学習する。

1) 毎時間、独和辞典は必ず持参することを履修の最低条件とします。

2) テキストを使用しますが、テキストに関連するプリントも配付しますので、受講者は授業に出席して、各時間に配付するこのプリントを受け取ることを履修の必須条件とします。

3) 予習時間: 30分以上
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %原則として、全授業時間数、15回の内、13回以上の出席を定期試験の受験資格とする。 
2小テスト/レポート 10  %テキストと連動するテーマについてのレポートを提出する。実施の詳細は事前に教室内にて発表する。 
3発表/表現等 50  %積極的な個人発表実績。辞書を引いて、各課ごと短文和訳。各課ごとの練習問題も。遅刻を含む受講態度も含む。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
1) 成績評価とも関連しますが、授業中の無自覚で迷惑な私語や、目に余る授業中の教室からの出入り、遅刻などは、その対策を明確に示すつもりです。課題提出物についても、その内容をよく吟味するとともに、提出期限の厳守を求めます。

2) 辞書について一言。各時間ごとに、入念に説明し、使用するので、辞書携帯を毎時間の出席の最低条件とします。辞書チェックをすることもあるかもしれません。

3) また、授業中の携帯電話等の使用については、その都度授業が中断されるばかりか、その他の出席者の迷惑にもなりますので、私の授業に関する限り、その使用を固く禁止します。
<テキスト>
  1.  森田 悟、川上 博子、跡守 美音 ,  たいむりい    Aktuelles aus Deutschland , 朝日出版社, ISBN:978-4-255-25387-9
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
第1回
 
Made in Germany(1)   

第2回

Made in Germany(2)   

第3回

ドイツへ。いろいろな人々と文化(1)

第4回 

ドイツへ。いろいろな人々と文化(2)

第5回  

旅行大国ドイツと有給休暇(1)

第6回

旅行大国ドイツと有給休暇(2)

第7回

旅行大国ドイツと有給休暇(3)

第8回

ドイツ生まれの車(1)

第9回

ドイツ生まれの車(2)

第10回

ドイツ生まれの車(3)

第11回

パンとドイツ料理(1)

第12回

パンとドイツ料理(2)

第13回

パンとドイツ料理(3)

第14回

パンとドイツ料理(4)

第15回

総括評価。まとめ。
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
A.技術者の責務の自覚
 土木環境技術が人間社会や自然環境の変化に及ぼす効果・影響を理解し、自然と調和した人類の持続的発展のために土木環境技術者が果たすべき責務を自覚する。