山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 ドイツ語初級II
時間割番号 CGB102 H
担当教員名 工藤 眞一
開講学期・曜日・時限 後期・水・I 単位数 2
<対象学生>
工(機電コ情先)・医
<授業の目的>
ドイツ語における「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能について、それぞれの基盤となる知識を身につけるトレーニングを行う。
 
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1 知識と視野ドイツ語とドイツ文化について知識を身につけ、それによって相対的、総合的に広く世界に視野を広げられる基礎を作る。
2能力と技能ドイツ語のコミュニケーション能力をより一層高める。
3 人間性と倫理性言語によるコミュニケーションは人間性と倫理性によって成立する。このことに思いを致しながらトレーニングを行う。
<授業の方法>
1) 文法学習項目を中心に進む。各課において、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をなるべく満遍なくトレーニング出来るよう学習する。教科書は、読本部分と文法解説部分、練習部分からなる。

 具体的には、前期からの継続の文法の新出項目を中心に解説、説明し、課ごとに付属する練習問題に取り組む。文法解説部分が終了次第、1課からの会話テキストに移る予定です。

文法解説、演習終了後、Lektion 1 より読本部分に取り組む。

2) シラバスに従って、毎回ごとの授業計画に沿ったテキストの総合的な予習と復習。特に課ごとの単語は最低、授業出席前に調べておくこと。テキスト付属のCD教材は、事前によく聞いておくこと。

予習時間: 30分以上

復習時間: 30分以上
 
3) 辞書を忘れないこと。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %授業理解度 
2小テスト/レポート 10  %授業理解度 
3受講態度 10  %学習意欲。各時間のドイツ語辞典の持参、活用。 
4発表/表現等 40  %参加への積極性。個人の積極的な発表実績。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
 言語の学習は、

1)背景となる自然、文化、社会の知識とその知識を得るための技術の訓練、
2)言語構造の知識とその知識を得るための技術の訓練、
3)言語運用(「聞く」「話す」「読む」「書く」)の知識ととその知識を得るための技術の訓練、
4)言語運用の技術の訓練、
5)語られる内容を理解するための知識とその知識を得るための技術の訓練、
6)語られることをその語る人全体から理解するための心理的知識とその知識を得るための技術の訓練、
7)言語を人々が争い、分裂し、滅びへと向かう方向に用いるのではなく、協力し、融和し、生き延びる方向へ用いるための倫理的知識とその知識を得るための技術の訓練から成り立っています。大きく知識と訓練に分かれますが、言葉を用いるとは、言葉を学習するとはどういうことかを常に自分に問いかけることを忘れないでほしいと思います。

以下、受講に関する具体的なメッセージを示します。

1) 成績評価とも関連しますが、繰り返される授業中の無自覚で迷惑な私語や目に余る遅刻などは、その対策を明確に示すつもりです。課題提出物についても、その内容をよく吟味するとともに、提出期限の厳守を求めます。

2) 辞書について一言。各時間ごとに、入念に説明し、使用するので、辞書携帯を毎時間の出席の最低条件とします。辞書チェックをすることもあるかもしれません。

3) また、ここ数年来目立つようになった、授業中の携帯電話等の使用について
は、その都度授業が中断されるばかりか、その他の出席者の迷惑にもなりますので、私の授業に関する限り、その使用を固く禁止します。

4) 前期に引き続き、後期も文法が中心となるクラスですので、ゆとりを持って、ドイツ文法の基礎が修得できるように、各課とも十分な文法事項の解説の後、総合的な練習問題によってその課全体の内容確認ができるように進めて参ります。
<テキスト>
  1. ペトラ・ブーフホルツ 他, ベルリンは今, 郁文堂, ISBN:978-4-261-01228-6
<参考書>
  1. 郁文堂独和辞典, 郁文堂
<授業計画の概要>
1.  接続詞
2.  zu 不定詞 
3.  形容詞の格変化
4.  形容詞と副詞の比較表現
5.  関係代名詞
6.  受動態
7.  接続法

8.  テキスト読本 Lektion 1 Auf dem Flughafen Frankfurt/Main (1)
   フランクフルと空港にて(1)

9.  Lektion 1 Auf dem Flughafen Frankfurt/Main (2)
   フランクフルと空港にて(2)

10.  Lektion 2 Im Flugzeug nach Berlin (1)
   ベルリン行きの機内で(1)

11.  Lektion 2 Im Flugzeug nach Berlin (2)
   ベルリン行きの機内で(2)

12.  Lektion 3 Ankunft in Berlin (1)
   ベルリン到着(1)

13.  Lektion 3 Ankunft in Berlin (2)
   ベルリン到着(2)

14.  Lektion 4 Die Verabredung
   約束

15.  総括評価・まとめ
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
A.技術者の責務の自覚
 土木環境技術が人間社会や自然環境の変化に及ぼす効果・影響を理解し、自然と調和した人類の持続的発展のために土木環境技術者が果たすべき責務を自覚する。