山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 ドイツ語初級II
時間割番号 CGB102 G
担当教員名 橋本 不二男
開講学期・曜日・時限 後期・水・I 単位数 2
<対象学生>
工(機電コ情先)・医
<授業の目的>
ドイツ語における「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能について、それぞれの基盤となる知識を身につけるトレーニングを行う。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1 知識と視野ドイツ語とドイツ文化について知識を身につけ、それによって相対的、総合的に広く世界に視野を広げられる基礎を作る。
2能力と技能ドイツ語のコミュニケーション能力をより一層高める。
3 人間性と倫理性言語によるコミュニケーションは人間性と倫理性によって成立する。このことに思いを致しながらトレーニングを行う。
<授業の方法>
文法学習項目を中心に進む各課において、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をなるべく満遍なくトレーニング出来るよう学習する。 文法項目を解説し、練習問題などでその基礎項目の習得に努める。さらに、基礎的文法項目を含むドイツ文の解釈と、簡単な日本文のドイツ語表現にも取り組む。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 60  %一定以上の出席者のみに行う。理解度を評価するために記述式試験を行う。 
2受講態度 40  %授業中の問題に対する回答状況など。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
言語の学習は、1)背景となる自然、文化、社会の知識とその知識を得るための技術の訓練、2)言語構造の知識とその知識を得るための技術の訓練、3)言語運用(「聞く」「話す」「読む」「書く」)の知識ととその知識を得るための技術の訓練、4)言語運用の技術の訓練、5)語られる内容を理解するための知識とその知識を得るための技術の訓練、6)語られることをその語る人全体から理解するための心理的知識とその知識を得るための技術の訓練、7)言語を人々が争い、分裂し、滅びへと向かう方向に用いるのではなく、協力し、融和し、生き延びる方向へ用いるための倫理的知識とその知識を得るための技術の訓練から成り立っています。大きく知識と訓練に分かれますが、言葉を用いるとは、言葉を学習するとはどういうことかを常に自分に問いかけることを忘れないでほしいと思います。
<テキスト>
  1. 上野成利、本田雅也。, パノラマ 初級ドイツ語ゼミナール, 白水社, ISBN:4-560-06414-6
<参考書>
  1. 郁文堂独和辞典, 郁文堂
<授業計画の概要>
1.前期の復習又は数詞
2.2,3,4格支配の前置詞   
3.3・4格支配の前置詞     
4.6課の本文と練習問題
5.形容詞の格変化(強変化)
6.形容詞の格変化(弱・混合変化)
7.7課の本文と練習問題
8.話法の助動詞(1)
9.話法の助動詞(2)
10.未来時称
11.8課の本文と練習問題             
12.分離動詞と非分離動詞            
13.従属接続詞と副文    
14.9課の本文と練習問題   
15.総括評価・まとめ
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
A.技術者の責務の自覚
 土木環境技術が人間社会や自然環境の変化に及ぼす効果・影響を理解し、自然と調和した人類の持続的発展のために土木環境技術者が果たすべき責務を自覚する。