山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 フランス語中級演習II
時間割番号 CFM206
担当教員名 森田 秀二
開講学期・曜日・時限 後期・火・V 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
これまで培ったフランス語基礎力を応用して、時事フランス語を読む。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1能力と技能時事フランス語を読みながら、読解力、文法力、作文力を身につける。
<授業の方法>
演習形式。聞き取りにつづき、テキストを正しく読めるようにする。正しい辞書の引き方を学び、和訳を行う。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %知識の定着を問う。 
2試験:中間期 20  %知識の定着を問う。 
3小テスト/レポート 40  %知識の定着を目指す。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
授業への積極的な参加を期待します。
オフィスアワーをうまく活用して下さい(よく分からないことがある、興味を持った点についてもっと知りたいなど、何でも結構です)。
メールによる質問にもお答えします。
<テキスト>
  1. プリント配付
<参考書>
  1. フランス語中辞典(例:『クラウン』(三省堂)、『ディコ』(白水社)、『プチロワイヤル』(旺文社)など)
<授業計画の概要>
1)Lecon 1:Merci Professeur
2)Lecon 2:La Folle Journée
3)Lecon 3:Echec à l''''''''''''''''université
4)Lecon 4:Bizutage
5)Lecon 5:Made in France
6)Lecon 6:Le luxe français
7)Lecon 7:Le Relais
8)Lecon 8:Louis XIV
9)Lecon 9:Waterloo
10)Lecon 10:Le Mont-Saint-Michel
10)Lecon 11:L''''''''''''''''heure d''''''''''''''''été
11)Lecon 12:Les femmes chefs
12)Lecon 13:Le Prix de l''''''''''''''''Arc de Triomphe
13)Lecon 14:Françafrique
14)Lecon 15:La séparation de l''''''''''''''''Eglise et de l''''''''''''''''Etat
15)試験および解説
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
A.技術者の責務の自覚
 土木環境技術が人間社会や自然環境の変化に及ぼす効果・影響を理解し、自然と調和した人類の持続的発展のために土木環境技術者が果たすべき責務を自覚する。