山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 英語リーディング・ライティング(上級)
時間割番号 CEG3RI
担当教員名 ストロースマン.J.
開講学期・曜日・時限 前期・水・I 単位数 2
<対象学生>
教・工・生
<授業の目的>
一般教養レベルの標準的な英語による文章を主な教材とし、その主題や情報を短時間で正確に読み取り、要点を自分の言葉でまとめる読解能力を育成する。さらに、与えられたテーマについて自分の考えを論理的、かつ、読者にとってわかりやすい英語で表現できる作文力を育成する。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1能力と技能・600-700語程度の英文を30分程度の時間で読み、文章の要点を正確に理解する。
・読み取ったことや、与えられたテーマについての自分の考えを平易な表現を用いて300-400語程度で書くことができる。
<授業の方法>
Vocabulary Exerciseをして、DVDを見てリlisteningをして、理解度を確認してから長文readingをします。最後に短いwriting exerciseとcommunication exerciseをします。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 20  %読解理解度と英文を書く能力を評価する 
2試験:中間期 20  %読解理解度と英文を書く能力を評価する 
3小テスト/レポート 30  %レポートを評価する 
4受講態度 30  %予習とwriting exerciseの取り組みを評価する 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
(未登録)
<テキスト>
  1. Makoto Shishido 他, AFP World Focus, 成美堂, ISBN:9784791960347
<参考書>
  1. 英和・和英辞典(紙でも電子でも可)
<授業計画の概要>
1 Unit 1
2 Unit 2
3 Unit 3
4 Unit 4   レポート1 提出日
5 Unit 5
6 Unit 6
7 中間単語・読解・writingテスト
8 Unit 7
9 Unit 8   レポート2 提出日
10 Unit 9
12 Unit 11
13 Unit 12   レポート3 提出日
14 Unit 13
15 総括評価:まとめ
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
J.理論的な表現・伝達能力
 自分の思想やアイディアを具体的かつ理論的に表現し伝達する能力、及び共通の課題について他の人と議論し合理的な結論を導き出すことのできる能力を身に付ける。