山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 英語リーディング・ライティング
時間割番号 CEG2RC
担当教員名 奥村 直史
開講学期・曜日・時限 前期・火・I 単位数 2
<対象学生>
工(情土応先)・生
<授業の目的>
文法や語彙の基礎能力を基に、文章の概要を捉えるとともに、細部の情報を正確に理解する読解力を育成する。また、日常的な話題に関して自分の考えを英語で要約したり、英文作成のプロセスを意識したりする作文力を育成する。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1能力と技能・500-600語程度の英文を30分程度の時間で読み、文章の要点を正確に理解できる。
・読み取ったことや、与えられたテーマについての自分の考えを平易な英語を用いて250語程度で書くことができる。
<授業の方法>
演習形式。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %授業で取り組んだ内容に基づいて理解度を評価する 
2小テスト/レポート 50  %授業で行う小テストおよび課題・発表等の取り組みを評価する 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
毎回の出席を前提とする。3分の1以上欠席したものは定期試験の受験資格を失う。
<テキスト>
  1. 野田小枝子, Read to Write, 朝日出版, ISBN:9784255155326
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1.ガイダンス
2.Hi Jason, Crash Closes Bridge during Storm
3.Hightones Reunion Concert, Dear Sirs: A Letter of Request
4.Assembly Instructions, The Lessons of the Talking Fish
5.Stranded! Leaves Us Cold, The Big Storm
6.This Is Your Captain, Two Letters
7.Japanese Youth, How Long Can People Live?
8.Dear Sirs: A Letter of Complaint, A Farewell Speech
9.Wind Force 2000 Air Conditioner, Hollingsworth State Park
10.Super White, The Taft Television
11.The Woman Who Made Cellphone Life Possible, Geology Class Field Trip
12.Country Cottage Potato Salad, An Open Hearing
13.A Letter to the Editor
14.The Use of Chiod Seats
15.総括評価・まとめ
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
J.理論的な表現・伝達能力
 自分の思想やアイディアを具体的かつ理論的に表現し伝達する能力、及び共通の課題について他の人と議論し合理的な結論を導き出すことのできる能力を身に付ける。