山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 英語オーラルコミュニケーション
時間割番号 CEG2OT
担当教員名 今井 理惠
開講学期・曜日・時限 後期・月・II 単位数 2
<対象学生>
<授業の目的>
教科書の内容は、1、外国人患者に的確な対応ができるように、2、カルテに書かれている英語の語彙に触れる、ことが目的になっています。スムーズに患者さんとのコミュニケーションが図れるように必要な英語に触れてみること目指しましょう。
時間の余裕があれば、日常会話、リスニングの強化も補足のプリントを配布して演習を行っていきたい。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1能力と技能・患者さんとのコミュニケーションの作戦や方法を身につける。
・ジェスチャー、あいづちなどの工夫を身につける。
・医療、看護の単語に触れ、会話文の聞き取り、スピーキングに行かせる表現を覚えていく。
<授業の方法>
毎時間、学生に質問しながらの演習形式。語彙増強、発音指導、文法指導も織り込みながら行う。余裕があれば補足プリントを配布して一般的な日常会話でも困らないようにロールプレイやシャドーイングも行っていきたい。
中間テストを2度程度して理解度を確認する予定。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %授業で取り組んだ内容に基づいて理解度を評価する。 
2小テスト/レポート 30  %授業で行う小テストおよび課題を評価する。 
3発表/表現等 20  %積極的な参加、発表を考慮します。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
授業中に声を出して練習する「音読」や口頭表現は身につけるために積極的に取り組んでほしい。
<テキスト>
  1. 山中マーガレット, English for Nurses, 朝日出版, ISBN:978-4--255--15425
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
第1回 オリエンテーション・Lesson1: Is this your first visit to this hospital?
第2回 Lesson2: What′s the matter?
第3回 Lesson3: You need to go to Dermatology.
第4回 Lesson4: Let me direct you to Radiology.
第5回 Lesson5:Let′s check your height and weight.
第6回 Lesson6:I need to ask you some questions.
第7回 Lesson7:Can you describe your pain?
第8回 Lesson8:Rest your arm on the armrest.
第9回 Lesson9:Please make a follow-up appointment.
第10回 Lesson10:Take this medicine after meals.
第11回 Lesson11:Your operation will be this afternoon.
第12回 Lesson12:Are you feeling more comfortable now?
第13回 Lesson13:This is an emergency.
第14回 Lesson14:Tests show you have high sugar levels.
第15回 期末テスト・総括評価・まとめ
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
J.理論的な表現・伝達能力
 自分の思想やアイディアを具体的かつ理論的に表現し伝達する能力、及び共通の課題について他の人と議論し合理的な結論を導き出すことのできる能力を身に付ける。