山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 英語オーラルコミュニケーション
時間割番号 CEG2OD
担当教員名 サットン.S.
開講学期・曜日・時限 前期・水・I 単位数 2
<対象学生>
<授業の目的>
自然な速さの英語を聞いて、その要点を正しく理解できるようにする。また、聴き取った内容や与えられたテーマについて平易な英語を使って口頭で説明できるようにする。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1能力と技能・200語程度の自然な速さの英語を聞いて、要点を正しく理解することができる。
・聴き取ったことや、与えられたテーマについて、英語で3分間程度、口頭で説明できる。
<授業の方法>
Improving a students′level of spoken English is dependant on getting the actual students to use the language and therefore, the object of this course is to do just that by creating the right atmosphere and providing stimulating and interesting materials and activities.
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %授業で取り組んだ内容に基づいて理解度を評価する。 
2小テスト/レポート 50  %授業で行う小テストおよび課題・発表等の取り組みを評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
The emphasis will be on improving the students′spoken ability so we will be concentrating on everyday English as opposed to the grammatically orientated English that seems to be popular in the school curriculum. The actual aim is to create a laid-back classroom atmosphere whereby the students will feel less self-concious and more willing to actively participate in a wide array of spoken language activities.

国際交流センターによる英語学習サポート及びGフィロスでの自主学習で、最高で20点まで加えられる。
<テキスト>
  1. Kurt Scheibner & David Martin, Just Talk!, EFL Press
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
Week 1. Personal Profile
Week 2. How often is often?
Week 3. Who would say...?
Week 4. Too many times!
Week 5. Prove it!
Week 6. Why did you...?
Week 7. Aches & Pains
Week 8. Super Heroes
Week 9. Story Time
Week 10. Ski Trip
Week 11. Could you help me?
Week 12. How romantic are you?
Week 13. So do I!
week 14. I′m so embarrassed!
Week 15. Why were you...?

Order and content might need to be amended depending on how the course progresses.
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
J.理論的な表現・伝達能力
 自分の思想やアイディアを具体的かつ理論的に表現し伝達する能力、及び共通の課題について他の人と議論し合理的な結論を導き出すことのできる能力を身に付ける。