山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 総合英語
時間割番号 CEG1GR
担当教員名 古家 貴雄
開講学期・曜日・時限 後期・金・III 単位数 2
<対象学生>
工・生
<授業の目的>
比較的容易な語彙を用いた文章の概要や要点を正確に理解する読解力、日常的な話題について平易な英語で書き表せる作文力を育成する。また、自然な速さの平易な内容の英語を聞いて、重要な情報を理解する聴解力、日常的な話題について平易な英語で説明ができる発話力を養成する。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1能力と技能・400語程度の英文を30分程度の時間で読み、その要点を正確に理解できる。また、そこで読み取ったことや、与えられたテーマについての自分の考えを平易な表現を用いて150語程度で書くことができる。
・100語程度の自然な速さの英語を聞いて、要点を正しく理解することができる。また、そこで聴き取ったことや、与えられたテーマについて、英語で2分間程度発話できる。
<授業の方法>
本授業では読みの活動を中心に授業を行う。基本的に、一回の授業で、一つの読み物を進める。授業の最初に配布された読み物を、まずはその主題、テーマに関わる導入を行い、背景知識を高めるための事前活動や読みのゴールを提示する。その他、文章理解に必要な語彙や文法についても解説する。その上で読みに入り、読む直前に概要を問う質問と部分的な情報を問う質問とが与えられる。文章を読みながらその質問に答える。読後、質問の解答に沿いながら理解を促進する視点や技術を提供する。さらに、本文の理解を踏まえて、対象テーマについて自己の考えを述べたりする。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %授業で取り組んだ内容に基づいて理解度を評価する。 
2小テスト/レポート 50  %授業で行う小テストおよび課題・発表等の取り組みを評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
毎時間一時間一時間を大切に過ごしてもらいたい。また、各時間に理解できなかったことはなるべくその時間の内に解決しておくこと。そのために復習課題には真剣に取り組んでもらいたい。この授業では、英語の基礎力と動機を高めることを主な目的にしている。とにかく焦らず、じっくりと学習すること。期末試験は毎回の授業をきちんとこなしていればできるものなので心配はいらない。授業への参加について真剣さが足りなかったり、一定以上授業に参加できない場合には単位が取れないことがあります。注意してください。

国際交流センターによる英語学習サポート及びGフィロスでの自主学習で、最高で20点まで加えられる。
<テキスト>
  1. Milada Broukal, CONNECTION 2, 松柏社, ISBN:978-4-88198-697-4
<参考書>
  1. 参考書については、授業中指示する。
<授業計画の概要>
第1回: 授業ガイダンス
第2回: Robots
第3回: The shape of the face
第4回: Killer bees 
第5回: Celebrating fifteen
第6回: A folktale
第7回: Lightning 
第8回: Potatoes
第9回: Right brain or left brain?
第10回: Louis braille
第11回: Laws about children
第12回: Delicacies
第13回: Corn flakes
第14回: 英語学習のキーポイント
第15回: 試験考査と試験の解説
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
J.理論的な表現・伝達能力
 自分の思想やアイディアを具体的かつ理論的に表現し伝達する能力、及び共通の課題について他の人と議論し合理的な結論を導き出すことのできる能力を身に付ける。