山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 総合英語
時間割番号 CEG1GN
担当教員名 松岡 幹就
開講学期・曜日・時限 後期・水・II 単位数 2
<対象学生>
教・工(機電コ情応)・生
<授業の目的>
比較的容易な語彙を用いた文章の概要や要点を正確に理解する読解力、日常的な話題について平易な英語で書き表せる作文力を育成する。また、自然な速さの平易な内容の英語を聞いて、重要な情報を理解する聴解力、日常的な話題について平易な英語で説明ができる発話力を養成する。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1能力と技能・400語程度の英文を30分程度の時間で読み、その要点を正確に理解できる。また、そこで読み取ったことや、与えられたテーマについての自分の考えを平易な表現を用いて150語程度で書くことができる。
・100語程度の自然な速さの英語を聞いて、要点を正しく理解することができる。また、そこで聴き取ったことや、与えられたテーマについて、英語で2分間程度発話できる。
<授業の方法>
グループごとに甲府市内またはその周辺の観光地を選び、英語で観光ガイドを行う。ガイドに必要な語彙や表現を観光地紹介ビデオなどを通じて学習し、母語話者の助言を受けながら、各自でガイド用の英文を作成する。また、作った英文の音読練習を行う。最後は、各グループで現地に出向いてガイドを行い、その様子を動画に収録し、クラスで発表する。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %授業で取り組んだ内容に基づいて理解度を評価する。 
2小テスト/レポート 50  %授業で行う小テストおよび課題・発表等の取り組みを評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
模擬ガイドを通して、英語を使う経験を積み、英語の運用力を高めるようにして下さい。

国際交流センターによる英語学習サポート及びGフィロスでの自主学習で、最高で20点まで加えられる。
<テキスト>
  1. 必要に応じてプリントなどを配布する
<参考書>
  1. 必要に応じて授業で指示
<授業計画の概要>
第1週 導入
第2週 ビデオクリップ(1)
第3週 ビデオクリップ(2)
第4週 ビデオクリップ(3)
第5週 ビデオクリップ(4)
第6週 ビデオクリップ(5)
第7週 ビデオクリップ(6)
第8週 ビデオクリップ(7)
第9週 ビデオクリップ(8)
第10週 ビデオクリップ復習テスト
第11週 暗唱テスト(1)
第12週 暗唱テスト(2)
第13週 発表(1)
第14週 発表(2)
第15週 総括・まとめ

進度によって上記の予定を変更する場合もあります。
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
J.理論的な表現・伝達能力
 自分の思想やアイディアを具体的かつ理論的に表現し伝達する能力、及び共通の課題について他の人と議論し合理的な結論を導き出すことのできる能力を身に付ける。