山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 中国語初級II
時間割番号 CCB102 C
担当教員名 後藤 英明
開講学期・曜日・時限 後期・火・II 単位数 2
<対象学生>
工(土応)・看・生
<授業の目的>
中国語の基礎的な語彙、文法規則学び、平易な中国語を運用した訳読、会話、作文を含めた総合的語学力を身に付ける。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1能力と技能基礎的な語彙を習得し、基礎的な文法知識を活かして平易な中国語を読んだり聞き取ったりするとともに、自分でも一人の話者として中国語を使って表現していくことができる。
<授業の方法>
毎週新しく語彙や文法を教授して中国語会話をより豊富なものにしていくが、“聴いて、話す”ことを重視して受講生各人の発音矯正にも力を入れていきたい。毎回授業の初めに教科書の音節一覧表を使って子音付き母音の発声練習を実施し、同時にピンインの確認も行う。授業本体の流れとしては、前回学習した事柄についての復習、発音練習、作文練習などから始め、新しい文法事項の説明、例文の発音練習、本文の解釈、文法事項の確認、本文の発音といった手順で進め、最後に発音や作文の練習問題を課して理解度を見る。文法に関しては、課を追うにしたがって複雑さを増していくこと前期以上であり、それぞれが中国語の重要項目でもあるので、解説を聴き落とさぬよう心すること。教科書に付属の練習問題に加え、教員が独自に作成した副教材を適宜用いながら理解の徹底を図る。前期と同じく事前の予習は必須だが、時に応じて前期に習得した内容の復讐をしておくことが望ましい。やはり前期と同様、教科書の節ごとに発音実技の小テストを実施するが、11月下旬ごろを境に語法の筆記試験に切り替える予定。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %基礎的な語彙・文法知識を活かして平易な中国語を理解したり、中国語で表現する能力を評価する。 
2小テスト/レポート 30  %各学習段階において既習事項を正確に理解し、運用する能力を評価する。 
3受講態度 20  %テキストの音読の正確さや授業中に出された課題を解く能力を評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
一に発音、二に発音、三四に語法、五にピンイン。
<テキスト>
  1. 久米井敦子/飯島啓子, 改訂版 スタートライン中国語1 (CD付), 駿河台出版社, ISBN:9784411031013
<参考書>
  1. 姜晩成、王郁良, 精選日中・中日辞典, 東方書店, ISBN:4497200027
  2. 杉本達夫、牧田英二、古屋昭弘, デイリーコンサイス中日・日中辞典, 三省堂, ISBN:4385121842
  3. 相原茂, 中国語学習ハンドブック, 大修館書店, ISBN:4469231258
  4. 紹文周, はじめての中国語文法, 明日香出版社, ISBN:475690615X
  5. 相原茂、石田知子、戸沼市子, Why?にこたえる はじめての  中国語文法書, 同学社, ISBN:4810200345
<授業計画の概要>
※ あくまで目安です。
第01回  後期授業ガイダンス、指示代名詞3、方位詞
第02回  存在を表す動詞「有」と「在」、第6課口頭発表
第03回  「有」「在」の用法上の相違、時間量・回数の表現
第04回  さまざまな前置詞、動作の進行形、第7課口頭発表
第05回  動作の完了を示す「了」1
第06回  動作の完了を示す「了」2
第07回  否定詞「不・没(有)」の違い、経験の表し方  
第08回  変化や実現を表す「了」1
第09回  変化や実現を表す「了」2
第10回  さまざまな助動詞、筆記小テスト1
第11回  可能表現のいろいろ
第12回  連動文、主述述語文、筆記小テスト2
第13回  比較表現のさまざま
第14回  二重目的語、近未来の表現、筆記小テスト3
第15回  定語としての「的」の用法
第16回  後期既習事項に関するまとめ・中国語初級1、2を併せた総括評価
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
A.技術者の責務の自覚
 土木環境技術が人間社会や自然環境の変化に及ぼす効果・影響を理解し、自然と調和した人類の持続的発展のために土木環境技術者が果たすべき責務を自覚する。