山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 材料と技術
分類・系統自然科学 科学系
時間割番号 CAN007
担当教員名 佐藤  博
開講学期・曜日・時限 前期・金・III 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
 材料の基礎的な特徴・性質を理解し、材料の作製技術及び加工法と機能性材料の開発等を技術という視点から概説する。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1知識と視野 材料について理解することができる。材料を通して技術革新などについて理解する。
<授業の方法>
 ビデオ映像等で実際の技術を紹介しながら、講義形式で行なう。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 20  %授業理解力 
2試験:中間期 20  %授業理解力 
3小テスト/レポート 30  %授業理解力 
4受講態度 30  %自発的勉学 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
 原則として遅刻は許さないので、自信の無い者は受講しないこと。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1 .材料の科学1
2 .材料の科学2
3 .材料の科学3
4 .材料の基礎1
5 .材料の基礎2
6 .材料の基礎3
7 .材料の基礎4
8 .アモルファス材料の基礎1
9 .アモルファス材料の基礎2
10 .アモルファス材料の基礎3
11 .磁性材料の基礎
12 .アモルファスと磁性
13 .硬質磁性材料
14 .科学と技術
15 .材料と技術
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
A.技術者の責務の自覚
 土木環境技術が人間社会や自然環境の変化に及ぼす効果・影響を理解し、自然と調和した人類の持続的発展のために土木環境技術者が果たすべき責務を自覚する。