山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 死生学入門
分類・系統健康福祉 心身・芸術系
時間割番号 CAH009
担当教員名 中村 和彦
開講学期・曜日・時限 前期・金・III 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
「生」と「死」に関する講義、ロールプレイを含めた発表、グループ討論、シナリオ作り等を通して、生きることの大切さ、関わることのすばらしさについての認識を深める。将来にわたって「死」を見据えながら「生」を真剣にとらえていく力をつける。
※ COC地域志向型共通教育科目対象科目及びCOC+地域教養科目対象科目となります。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1 知識と視野「生」と「死」に関する社会科学的、及び自然科学的観点からのさまざま知識を理解し、「こころ豊かに生きること」「健やかに生きること」を多面的にとらえることのできる視野を獲得する。
2人間性と倫理性「生」と「死」に関する講義や討論を通して、こころ豊かに生きることの大切さ、人と関わることのすばらしさについての認識を深める。将来にわたって「死」を見据えながら「生」を真剣にとらえていく力をつける。
<授業の方法>
現代社会における「生」「死」を取り巻く基本的な考え方に関する講義
死生学に関する文献の紹介
「別れの手紙」と自己発達形成史の実践
「生と死」をテーマにしたビデオや映画の視聴
個人ワークシート、グループワーク等を用いた死生学演習
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 30  %生と死に関する基本的なとらえ方や、その認識の深まりを評価します。 
2小テスト/レポート 25  %課題に対して調査し、自らの考えが確立できているかを評価します。 
3受講態度 45  %毎回の授業において記述する振りかえりのポートフォーリオから、テーマに関する積極的な態度や意欲を評価します。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
私たちはふだん、「死」と直面しながら生活することはありません。また今日の日本で「死」の体験はしだいに希薄なものになってきているといわれています。「死」をとらえながら「生」を考えるという体験の中で、関わりと自立の大切さを学んでほしいと思います。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1 オリエンテーションこの授業の進め方とねらい
2 「生」「死」をどうとらえるか
3 「別れの手紙」演習
4 サリドマイド剤の罪−胎児の環境としての母体−
5 映画「典子はいま」から学ぶ
6 水俣病を考える
7 われわれはエイズから何を学んだか?(1)免疫のメカニズム
8 われわれはエイズから何を学んだか?(2)共生と差別
9 脳死・臓器移植の是非(1)何が問題か?
10 脳死・臓器移植の是非(2)あなたのliving willは?
11 ホスピス・在宅ケアの理念と実践
12 死をとらえながら生きる−死生学の実践−(1)
13 死をとらえながら生きる−死生学の実践−(2)
14 一人称・二人称でとらえること
15 まとめ−この授業をどう生かすか−
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
A.技術者の責務の自覚
 土木環境技術が人間社会や自然環境の変化に及ぼす効果・影響を理解し、自然と調和した人類の持続的発展のために土木環境技術者が果たすべき責務を自覚する。