山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 ウイルスの生命科学
分類・系統健康福祉 科学系
時間割番号 CAH008
担当教員名 加藤 伊陽子
開講学期・曜日・時限 前期・火・I 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
「ウイルス」には、医学・感染症学的な事項に加えて、生命(生物)とは何かという基本的な概念、構成分子の分子生物学、環境との密接な関連、感染症を防止する技術や政策、地球規模での感染拡大、学校や家庭の役割など、多くの側面がある。この講義では異なる学部の学生が(1)ウイルスを生命科学として学習するとともに、(2)多くの視野からさまざまなウイルス感染について学習し、議論する。職業人、市民、家庭人として、現在と将来のウイルス感染に対処していくための知恵の枠組みを作る。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1知識と視野学生は(1)ウイルスとは何か、(2)さまざまなウイルス、(3)世界規模で問題となっているウイルス感染と対策、(4)ウイルスと人間の関わりの歴史、(5)学校、家庭、個人レベルでの感染とその防止策、を理解する。
2 能力と技能(i) 学生はWHO(世界保健機関)、国や地方自治体などの信頼できる機関から感染症発生と感染防止についての最新情報をインターネットなどを通じて収集できる。
(ii) 学生はパワーポイントなどを使用して電子ファイルにスライドを作成できる。
(iii) 1人でプレゼンテーションを行うことができる。
3 人間性と倫理性(i) 学生はウイルス感染防御のために個人と社会がなすべきことを理解する。
(ii) 学生間での話し合いによりコミュニケーション能力を養う。
<授業の方法>
期間の前半には、毎回1つのテーマで講義と話し合いを行う。担当教員はパワーポイント、ハンドアウト、動画によりウイルスに関する知識やニュースを紹介する。それをヒントに、学生は議論とリサーチによって学習を進める。
後半には学生一人一人が担当する課題を決定する。パワーポイントその他の電子ファイルを作成して、学習発表を行い、他の学生から疑問や意見を聞く。最後にレポートを作成する。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 30  %(1)知識と理解の深化、(2)レポートの構成、(3)学術用語の使用 
2受講態度 20  %(1)講義・発表の内容の把握と理解(ワークシート)、(2)発言の頻度と内容 
3発表/表現等 50  %(1)学習・調査の理解と範囲、(2)プレゼンテーションの構成、(3)発信力、(4)独自性 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
将来の職業専門分野を異にする学生が、さまざまな角度からウイルスとウイルス感染について学習し、話し合うことを期待しています。生命科学(生物学)の知識の有無を問いません。後半に学生が各自で行う学習発表と、続いて提出するレポートを中心に評価を行います。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 井上 栄, 感染症, 中公新書, ISBN:978-4-12-101877-9,
    (教科書というより読み物で、感染症について興味深いことが書いてあります。)
<授業計画の概要>
次の15の項目を予定している。履修人数によって講義予定・内容と発表会の予定を調整する。
1.「生物」と「細胞」と「ウイルス」:生命ってなんでしょう?
(生物の定義、ゲノム、遺伝子、ウイルス粒子)
2.デングウイルスとジカウイルスから多くのことを学ぼう。
(昆虫媒介性のウイルス、先天性ウイルス感染症、感染制御、アウトブレーク)
3.ウイルスの増殖を分子の用語で説明しよう。
(受容体、侵入、脱殻、DNA/RNA複製、転写、翻訳、組み立て)
4.人類が撲滅したウイルスと撲滅しつつあるウイルス
(天然痘ウイルスとポリオウイルス、ワクチン)
5.妊婦はウイルス感染を避けよう。(垂直感染、胎児感染、母子感染)
6.ウイルス感染症の治療薬:抗ウイルス剤 (エイズ、ヘルペス、インフルエンザほか)
《この間》 課題学習 研究テーマの設定と発表内容についての話し合い
      Web検索、図書等による学習
      課題学習の発表準備とレポート作成(E-learningに提出)
      期間を通じてホームワークとして実施する
7−15. 発表会(1回5名、質疑応答)
      他の学生や教員からの質問と意見を反映させてレポートを作成する。
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
A.技術者の責務の自覚
 土木環境技術が人間社会や自然環境の変化に及ぼす効果・影響を理解し、自然と調和した人類の持続的発展のために土木環境技術者が果たすべき責務を自覚する。