山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 依存の科学
分類・系統健康福祉 科学系
時間割番号 CAH005
担当教員名 小畑 文也
開講学期・曜日・時限 前期・月・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
アルコール依存症から始め、過度の飲酒の怖さ、それらが家族に及ぼす影響等を理解する。また、その他の物質依存やプロセス依存について理解し、(あるばあいは)自己の中にある依存の芽に気がつく。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1知識と視野依存の仕組み、その形成過程、それから生じる諸問題について理解する。
2 能力と技能近くに相当する人がいるときの対処の方法について知る。
依存傾向を生活等に活かす術についても考える
<授業の方法>
基本的に講義による。
治療方法の一つであるピアカウンセリングを模擬的に実施する(受講者数による)。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %全体的な理解 
2試験:中間期 30  %依存に関する知識 
3受講態度 20  %受講態度 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
他人の問題としてではなく、身近な問題の一つとして受講してください。
また、依存のネガティブな面だけではなくポジティブな面も知り、自分をコントロールできるようになれば、「目標」への到達も近くなります。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 信田 さよ子, 依存症 (文春新書), 文藝春秋, ISBN:4166601083
<授業計画の概要>
1.新学期・新入生向講義:一気飲みの恐怖(「依存」とは直接には関係しません)
2、3.アルコール依存症
4、5.アルコール依存症と家族
6、7.AC(アダルト・チャイルドレン)と発達障害等について
8、9.機能不全家庭
10.共依存
11.不登校、引きこもりと依存
12.様々な依存(ネット依存、薬物依存、ギャンブル依存、恋愛依存、、etc)
13.依存が依存症になるまで
14.対応と治療
15.生活に活かす依存傾向
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
A.技術者の責務の自覚
 土木環境技術が人間社会や自然環境の変化に及ぼす効果・影響を理解し、自然と調和した人類の持続的発展のために土木環境技術者が果たすべき責務を自覚する。