山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 ミュージカルを歌おう
分類・系統人文科学 心身・芸術系
時間割番号 CAC021
担当教員名 片野 耕喜
開講学期・曜日・時限 前期・金・III 単位数 2
<対象学生>
歌が好きな全学生
<授業の目的>
ひとつのミュージカル作品を一人一人歌って,自己表現の楽しさを学ぶ。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1能力と技能中学〜高校程度の楽譜を読む力を必要とする。言語は日本語だが、地のセリフもあるので、留学生には十分な日本語の能力が求められる。独唱の経験などはなくても良い。
2 人間性と倫理性音楽劇をつくるので、協調性が求められる。
<授業の方法>
最終的に1時間程度のミュージカル作品を上演する。一人一役を担い(ダブルキャストの場合もある)、毎回数曲ずつ練習し、ピアノ伴奏で暗譜で歌えるようにしていく。簡単な振り付けや演技、演出をつける。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1受講態度 20  %出席及び活動を高く評価する。受講態度が良ければ評価において技量の低さを補うことができる。 
2発表/表現等 80  %期末テストの代わりに「発表会」(公開)を開く。下手でも何でもここで歌うことが履修要件。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
毎年何人かの学生から「とても楽しかった」「こんな授業が梨大にあるとは思わなかった」と、好評をいただいています。しかしそれは特に私の授業が優れているわけではなく(もちろん教材選択など工夫はしていますが・・・)、そもそも人前で表現(独りで!)することがとても楽しいことに、この授業を通して皆さんが気がつくからでしょう。自分自身にこんな一面があったのだと、再発見する喜びだと思います。歌が好きな人はぜひ受講してください。
参考文献にある2作品が、授業で使うものです。難易度を知りたい方は図書館で実際に手に取ってみてください。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 川本伸子ほか, 白雪姫, ドレミ楽譜出版社, ISBN:4-8108-9076-7
  2. 川本伸子ほか, 赤ずきんちゃん, ドレミ楽譜出版社, ISBN:4-8108-9177-1
<授業計画の概要>
初回--------------オリエンテーション;授業方法の概要、自己紹介、役決め
第02回〜13回--レッスン、演技指導、台本読み合わせ、演出計画。
第14回----------ゲネプロもしくは発表会(ダブルキャストの場合)
最終回------------発表会
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
A.技術者の責務の自覚
 土木環境技術が人間社会や自然環境の変化に及ぼす効果・影響を理解し、自然と調和した人類の持続的発展のために土木環境技術者が果たすべき責務を自覚する。