山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 現代美術入門
分類・系統人文科学 心身・芸術系
時間割番号 CAC020
担当教員名 井坂健一郎
開講学期・曜日・時限 後期・火・V 単位数 2
<対象学生>
全学部学生
<授業の目的>
現代の美術表現は、既存の絵画、彫刻、デザイン、工芸というような領域では分類できないほど、その境界線は曖昧なものになっている。「ドローイング」というものを一つとってみても、その解釈、描画素材、表現方法は多様化している。本授業は、新しい「ドローイング」の解釈による作品制作をはじめとして、「現代美術」の範疇で行われてきた造形表現のいくつかを体験するものとしたい。また、地域(山梨)における現代美術作家を取り上げ、その表現の独自性も検証する。
「COC地域志向型共通教育科目対象科目」「COC+地域教養科目対象科目」
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1知識と視野概説によって、現代美術がどのようなものであるかを理解する。また、幾つかの演習を通して、現代美術の多様な表現を追体験する。
<授業の方法>
現代美術に関する講義、および演習を行う。性格の異なる幾つかの演習を通して現代美術への理解を深める。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1受講態度 20  %概説への質問や、演習への積極的な取組姿勢を評価する。 
2発表/表現等 80  %主体性、創意工夫、技能等の観点から評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
美術に対する情熱や、各々の個性、主体性を尊重しながら個人指導を行います。制作に必要な表現材料は、基本的に各自で用意してもらいます。詳細は、授業の中で指示をします。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1. ガイダンス
2. 現代美術概説 I(平面表現・立体表現・インスタレーション)
3. 現代美術概説 II(山梨の現代美術作家)
4. 現代美術概説 III(山梨におけるアートプロジェクト)
5. 現代美術演習 I(写真表現)詳細テーマは初回授業にて指示する。
6. 講評会    (各自が撮影した写真作品をもとにして、ディスカッションする。)
7. 現代美術演習 II(イメージ・ドローイング 1)詳細テーマは初回授業にて指示する。
8.  構想
9.  制作
10.現代美術演習 III(イメージ・ドローイング 2)詳細テーマは初回授業にて指示する。
11.  構想
12. 構図決定
13. 下絵制作
14. 本制作
15.講評会(授業で制作したイメージ・ドローイングについて、ディスカッションする。)
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
A.技術者の責務の自覚
 土木環境技術が人間社会や自然環境の変化に及ぼす効果・影響を理解し、自然と調和した人類の持続的発展のために土木環境技術者が果たすべき責務を自覚する。