山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
発展途上国感染症学特論
担当教員
加藤 伊陽子
時間割番号
単位数
履修年次
期別
415180 B 2 1,2 前期
[学習目標]
発展途上国で問題となっている感染症について、その原因を理解し、改善するための方策などを具体例をあげながら考察する。
[授業計画
世界保健機構(WHO)のWeekly Epidemiological Record その他感染症に関する世界の現状を示す公式情報をもとに、細菌、ウイルス、その他の病原体について学習する。流行地域、遺伝子(血清)型、検査法、有効な薬剤(薬剤耐性)、ワクチンなどの現状について学習するとともに、公的機関と個人がとるべき対策について議論する。
[到達目標]
1. 発展途上国で高頻度におこる感染症について(1)病原体名、(2)増殖・発症機構、(3)治療・予防法を述べることができる。
2. 近年および当該年の感染症発症の状況を述べることができる。
3. それら感染症に対する対策を述べることができる。
[評価方法]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 60  %世界の感染症に関する情報の収集・解析の能力。 
2受講態度 20  %議論への参加 
3発表/表現等 20  %質問への回答、応答 
[教科書]
(未登録)
[参考書]
  1. 標準微生物学 第9版, 医学書院。, ISBN:9784260006385
  2. 感染症 広がり方と防ぎ方, 中央公論新社, ISBN:412101877X