山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
指導教員
先進医用工学特論I
加藤 初弘/小川 和也
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
414760 A 2 (未登録) 1 前期 V
[概要と目標]
福祉医療機器、医療工学、生体材料などについて、教員が専門とする分野を講義する。
(1)CMOS技術を生体や医療の技術と融合する動向を講義
(2)医療工学と生体模倣材料を中心に講義する
(3)表面改質技術による医療機器の性能向上について講義する
[到達目標]
医学と工学の融合が行われる課題について、事例を参考に学習する。
(1)回路シミュレーションや計測を通じて,基本的な回路動作の確認
(2)医療工学と生体模倣材料の基礎を習得する
(3)医療機器性能向上のための表面改質技術の概要を習得する
[専攻の目標と講義の目標との関連性]
医学工学融合を達成するための基礎と応用の知識を紹介する。
(1)生体の計測や回路化などによる医学工学融合
(2)医療と生体模倣を融合した基礎と応用
(3)表面改質技術と医療の融合分野の基礎及び応用
[必要知識・準備]
機械工学、電気電子工学、物理・化学・生物の基礎知識
(1)半導体のpn接合に関する基礎
(2)生化学の基礎知識があれば望ましいが準備の必要はない
(3)表面処理の基礎知識があれば望ましい
[評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 100  %到達目標に掲げた事項について総合的な評価をする 
[教科書]
  1. 関東学院大学表面工学研究所, 最先端表面処理技術のすべて, 工業調査会, ISBN:476931261
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
園家担当分
(1)人工骨(身体との親和性)
(2)人工骨(耐摺動摩耗性)
(3)人工骨(強度)
(4)表面改質による医療機器の性能向上(身体との親和性)
(5)表面改質による医療機器の性能向上(耐食性)
(6)表面改質による医療機器の性能向上(耐摩耗性)
加藤担当分
(1)半導体の材料・素子特性
(2)神経の動特性
(3)集積回路設計法 
(4)生体システムの回路化
(5) 生体応用CMOSセンサー
(6)最近の研究動向
小川担当分
(1)レーザーを用いた先進医療
(2)DDSによるがんの治療とPET
(3)人工生体機能材料
(4)イオンチャネル(生体の電気信号)
(5)人工酵素
(6)人工光合成