山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
コンピュータ・メディア工学研修
全教員
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
283002 G 2 G 4 通期 火/金 IV-1-V-1/IV
[概要]
4年次において各学生は研究室に配属される。そこで教員の指導のもと、主体的・自律的な勉強の仕方、及びプレゼンテーション能力と、国際的なコミュニケーション力と地球的な視野の修得を図る。その成果の確認と評価のために年2回発表会を実施し、複数の教員の前で発表し、評価を受ける。前期は、情報メディア工学に関連する新しい分野について外国文献等を読み報告する。後期は、卒業研究の中間報告を行う。発表会は7月と12月を予定している。前期の外国語文献の内容報告は、英語の基礎能力を養う目的があるが、加えて情報メディアコースではTOEICの受験を義務付け、試験結果が基準点に満たない場合には英語力を向上させるための課題を与える。更に、本プログラム修了のために必要とされる基礎的素養を身につけているか否かの最終確認を行う。その結果に応じて、必要かつ十分な適切な研修を与える。
☆カリキュラム中での位置付け:Gコースのカリキュラム
[具体的な達成目標]
(1)主体的かつ自律的な勉強の仕方の修得
(2)プレゼンテーション能力の修得
(3)英語の基礎能力の修得
(4)JABEEプログラム修了予定生としての基礎的素養とスキルの最終確認
[必要知識・準備]
3年生までの全ての講義、演習、実験における知識と技術
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1発表/表現等 100  %各種の発表会や他の項目を総合的に判断する 
[教科書]
  1. なし
[参考書]
  1. 指導教員により推薦される
[講義項目]
年2回発表会を実施し、複数の教員の前で発表し、評価を受ける。
前期:情報メディア工学に関連する新しい分野について外国文献等を読み報告する。
後期:卒業研究の中間報告をする。
本プログラム修了予定生としての基礎的素養とスキルの修得状況を確認し、必要に応じて必要な研修を与える。
[教育方法]
4年生は研究室に配属され、指導教員の指導を受けながら、研修を行う。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《コンピュータ・メディア工学科 情報メディアコース》
(B) 自身のアイディア及び自身が開発した製品・技術を相手に応じて効果的に伝えるためのプレゼンテーション力を修得する。
(A) マルチメディア情報ネットワーク技術に習熟した情報処理技術者としての基盤となる基礎的素養及び基礎的スキルを修得する。
(C) 科学技術が社会や自然に及ぼす影響や効果までを考慮できる多面的な地球的視野を会得し、国際的なコミュニケーションを可能とする基礎能力を修得する。
(D) 時代の変化に対応できるよう、最新の技術動向を考慮し自律的・継続的に学習する能力を修得する。
(H)目的達成までの一連の作業を、自立的にあるいは他者と協力して計画的に進める能力,及び計画の進捗を把握し必要に応じて修正する能力を修得する。
[その他]
グループに分かれ、報告の発表会を行い、発表時における表現力、コミュニケーション力と文献講読時の自律学習能力、問題解決能力及び発表準備段階における取り組みなどを総合評価する。
評価方法:指導教員による判定(60%)、他の教員の判定(40%)
加えて、TOEIC成績を加味する。また本JABEEプログラム修了予定生としての基礎的素養やスキルが身についているかどうかを判断する。