山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
下水道工学
金子 栄廣
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
274320 2 CL 3 後期 III
[概要]
 都市を維持してゆく上で水の供給は欠かせません.しかし,使ったあとの水をきちんと処理・処分するための仕組みも,都市には必要です.そのための施設が下水道です.下水道は,下水を運ぶ管路,下水処理,汚泥処理などから構成されています.これらの機能を果たすための施設が,どのような考え方に基づいて作られているのか,どのような手順に従い作られているのかを理解し,設計手法を学びます.
[具体的な達成目標]
1.下水道の基本用語を説明できる.
2.計画下水量を推定するための手順を説明し計算できる.
3.計画下水量に対して下水管の管径を決定できる.
4.下水処理場の基本施設の容量設計ができる.
5.上の4つに関して試験問題を自分で作成できる.
[必要知識・準備]
 専門の中の応用科目で,施設設計の印象が強い科目であり,衛生工学設計へと続きます.水を運び,反応させ,処理する,というプロセスがあるため,水理学,化学,生物の基本的な部分を理解していることが必要です.
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 60  %授業理解力,表現力 
2試験:中間期 30  %授業理解力,表現力 
3小テスト/レポート 10  %各単元への取組状況と理解度 
[教科書]
  1. 松本順一郎,西堀清六, 新版下水道工学, 朝倉書店, ISBN:4254261411
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
講義項目
  1.下水道の発展経過,下水道の意義,山梨県の下水道と生活排水処理計画
  2.下水道計画.
  3.計画汚水量の推定方法.
  4.確率年を与え降雨強度を推定する方法.
  5.計画雨水量の推定方法.
  6.合理式を用いた計画雨水量の計算方法.
  7.下水管きょの設計.
  8.中間確認:1〜7の内容について,理解度向上のための確認と解説をおこなう.  
  9.下水の排除方式,下水管きょ関連設備.
 10.下水の水質,汚濁負荷原単位.
 11.沈澱池の設計指標
 12.エアレーションタンクの設計指標
 13.活性汚泥指標と処理工程管理
 14.生物膜法,汚泥処理
 15.総合確認:1〜14の内容について,理解度向上のための確認と解説をおこなう.
 上記に示すように授業が進行します.予習として,教科書の例題は目で追うだけでなく自分で解き,疑問点をまとめておく.復習としては,課題があります.
達成目標
 以下の点ができれば下水道工学の要点を理解したと考える.
1.計画下水量を推定するための手順を説明し計算できること(汚水,雨水)
2.計画下水量に対して下水管の管径を決定できること
3.下水処理場の基本施設(沈澱池,エアレーションタンク)の容量設計ができること
[教育方法]
過年度生向けの科目です。きちんと出席して単位を落とさないように!
レポートでは,まず自力で解く努力をしてみること,わからなければ授業中の補足説明を聞いたり個別に質問することで理解に努めること,が大切です。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
オフィスアワー:月曜5限