山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
環境気象学
相馬 一義
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
274160 2 CL 4 前期 I
[概要]
気象学とは,大気の状態及びその中に起こる現象に関する学問である.また,大気汚染物質の拡散など人間活動が周辺環境へ及ぼす影響を評価する際にもその知識は必要不可欠であり,河川管理にも気象学の知識は必要とされているため,土木環境工学を学ぶ上での重要な基礎知識の一つと言える.本講義では、対流圏大気の現象の基礎理論について理解し,気象のメカニズムを理解できる力を養うことを目標とする.
[具体的な達成目標]
(1)大気の鉛直構造,大気の熱力学を理解し,大気の安定・不安定の判定ができる.
(2)降水過程・放射過程などの気象学の基礎過程を理解し,実際のデータを用いてその強度などを計算できる.
(3)大気の運動方程式について理解し,地衡風や傾度風などの基本的な風速の計算ができる.
(4)メソスケールの気象の基礎について理解し,豪雨発生のメカニズムを説明できる.
(5)大規模な大気の運動と気候の変動について理解し,説明できる.
(6)大気陸面相互作用について理解し,地表面付近で生じる現象が気象に与える影響を説明できる.
[必要知識・準備]
質点力学・熱力学の基礎に関する知識がないと受講が困難である.また毎回の講義に対する予習・復習が重要である.
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 60  %学習および問題解決能力 
2小テスト/レポート 40  %目標達成能力・学習および問題解決能力・日常的勉学努力 
[教科書]
  1. なし
[参考書]
  1. 小倉義光, 一般気象学【第2版】, 東京大学出版会, ISBN:4130627066
[講義項目]
1. 大気の鉛直構造
2. 大気の熱力学(1):大気の静的安定度
3. 大気の熱力学(2):エマグラムを用いた検討
4. 降水過程
5. 大気における放射(1):太陽放射と地球放射
6. 大気における放射(2):放射平衡と大気の熱収支
7. 大気の運動(1):地衡風
8. 大気の運動(2):発散と収束
9. メソスケールの気象(1):レーダーによる降水観測
10. メソスケールの気象(2):メソ対流系
11. 大規模な大気の運動と気候の変動(1):大規模な大気の循環
12.大規模な大気の運動と気候の変動(2):温帯低気圧と前線
13. 大規模な大気の運動と気候の変動(3):気象と気候
14. 大気陸面相互作用
15. 評価:総括・まとめ

予習:各講義のタイトルで使われている言葉をグーグル等で検索して調べ、概略をまとめる。
復習:講義ノートを自分なりに要約・整理する。行った演習については自力で再度解き直す。
[教育方法]
板書とスライド等の視覚教材を必要に応じて適宜使用する。講義で必要な図表等の資料については配布する。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
受講を希望する場合は担当教員にメール等で連絡を取ること。