山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
ソフトウェア開発及び演習
豊木 博泰
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
266123 2 (未登録) 2 後期 IV
[概要]
大気や水に関する観測データをデータベースに格納し,加工し、その情報を公開・共有するためのシステム設計と実際のプログラム作成を通じて,Webとデータベースに関する情報技術を修得することをめざす.レポートに対して、時々、個別に質問する時間を設け、技術が身についているかどうかを確かめるとともに質問を受け付ける。
[具体的な達成目標]
1. ネットワークの基礎知識を理解すること
・インターネットプロトコル
・ Webシステムの構成
2. 基本的なサーバサイドプログラムをつくれるようになること(PHP言語を使用).
・クライアントからの入力を送信し,受け取った文字列を処理すること.文字列の処理に正規表現を利用できること.
・サーバ側のファイルにデータを書き込んだり,ファイルを読んで処理をし, html形式でクライアントに送れること.
・オブジェクト指向プログラムを書けること.
3. プログラムライブラリの仕様を読み、それを利用して、課題に応えられるプログラムを書けること。
[必要知識・準備]
プログラム言語I,IIを履修していること.(出席数が足りていれば,単位が取れているかどうかは問わない.)
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 20  %演習でおこなったプログラム、Webシステムの構成に関する基本的な知識について個別に質疑 
2小テスト/レポート 50  %毎回の課題に対するプログラム、概念的設計の出来具合 
3受講態度 10  %質疑の内容、演習への積極性 
4発表/表現等 20  %グループ内での貢献度、システム構築の出来具合 
[教科書]
(未登録)
[参考書]
  1. 山田祥寛, 独習PHP, 翔泳社, ISBN:4798109819
[講義項目]
1.Webシステムのしくみ(講義)
2.サーバサイドスクリプト、クライアントサイドスクリプト
3.PHPによるテキストデータの扱い
4.ファイル入出力
5.関数定義とPHPの組み込み関数
6.Webブラウザとサーバとのデータ交換方法
7.Webブラウザとサーバとのデータ交換方法2
8.データベースの設計と「問い合わせ」方法
9.オブジェクト指向プログラムの作法
10.サーバサイドプログラムによるデータの画像化
11.サーバサイドプログラムによるデータの画像化2
12.システム設計と総合演習
13.システム設計と総合演習2
14. 設計と実装についての発表会
15.総合演習レポートに対する質疑応答
[教育方法]
教材はWebページにて示す
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
(未登録)