山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
感性情報工学演習
木下 雄一朗/森澤 正之/(  )
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
263703 2 G 3 後期 火/木 V/II
[概要]
人間の知覚特性の計測は,マン・マシンインターフェイスやメディアの設計において重要である.第1回から第4回では,人間の知覚のうちの視覚・聴覚の信号を取り扱う映像処理実装課題を通して,視覚・聴覚に対する理解を深める.感性は一般的に主観量であるが,これを客観的に測定することも試みられている.そこで第5回以降は,視覚・聴覚・触覚・味覚・脳波についての測定法の解説を受けた後に,5~6名程度のグループに分かれ,実際に人間の視覚・聴覚・触覚・味覚・脳波の知覚特性について測定する実験を行う.測定結果を分析する実験レポートの作成を通して,論理的な考察に基づくレポートの作成ができる技術を身につける.
[具体的な達成目標]
1. 視覚,聴覚,触覚,味覚,脳波の基本的な官能検査の手法を習得する.
2. 各種,実験機器の取り扱いに習熟する.
3. 実験適切に結果がまとめられ,論理的な考察を含む実験レポートの作成ができるようになる.
4. 映像を入出力するプログラムを実装し,視覚・聴覚に対する理解を深める.
[必要知識・準備]
本演習は,「感性情報工学」と密接に関係しながら進める.それゆえ,「感性情報工学」と本演習を共に履修することが強く望まれる.
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 100  %実験レポート課題 :85 %(実験報告レポートを評価する),映像処理レポート課題:15 %(映像処理レポートを評価する) 
[教科書]
  1. 特になし
[参考書]
  1. P.H.リンゼイ,D.A.ノーマン, 情報処理心理学入門I 感覚と知覚, サイエンス社, ISBN:4781900526
  2. 天坂 格郎,長沢 伸也, 官能評価の基礎と応用, 日本規格協会, ISBN:4542503275
[講義項目]
第 1回 対話的動画像処理
第 2回 対話的音響・音声処理
第 3回 対話的映像処理
第 4回 対話的マルチメディア処理
第 5回 座学:実験報告書の執筆要領の説明
第 6回 視覚1:縞視力の測定
第 7回 視覚2:縞視力の測定 (つづき)
第 8回 視覚3:順応を利用した多重チャネルモデルの理解
第 9回 視覚4:順応を利用した多重チャネルモデルの理解 (つづき)
第10回 視覚5:錯視量の測定
第11回 視覚6:錯視量の測定 (つづき)
第12回 視覚7:色弁別閾の測定
第13回 聴覚1:最小可聴値の測定
第14回 聴覚2:ラウドネス関数の測定
第15回 聴覚3:ラウドネス関数の測定 (つづき)
第16回 聴覚4:ピッチ弁別限の測定
第17回 聴覚5:ピッチ弁別限の測定 (つづき)
第18回 聴覚6:音色に関する尺度構成
第19回 聴覚7:音色に関する尺度構成 (つづき)
第20回 味覚1:塩味強度の測定
第21回 味覚2:甘味強度の測定
第22回 味覚3:塩味閾値の測定
第23回 味覚4:甘味閾値の測定
第24回 触覚1:振動覚の弁別閾測定
第25回 触覚2:振動覚の弁別閾測定 (つづき)
第26回 触覚3:アクティブタッチとパッシブタッチの比較
第27回 触覚4:重さの錯覚の検証
第28回 脳波1:視覚刺激を用いたα波の測定
第29回 脳波2:聴覚刺激を用いたα波の測定
第30回 脳波3:聴覚刺激を用いたα波の測定 (つづき)
[教育方法]
第1回〜第4回の演習では,カメラで取得した映像を取り扱うプログラムをProcessingによって実装する.成果をレポートにまとめて提出し,評価を受ける.後半の実験は,5~6名程度のグループごとに別れて順番に行う.行った実験は,各自詳細なレポートを作成し,評価を受ける.
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《コンピュータ・メディア工学科 情報メディアコース》
(B) 自身のアイディア及び自身が開発した製品・技術を相手に応じて効果的に伝えるためのプレゼンテーション力を修得する。
(A) マルチメディア情報ネットワーク技術に習熟した情報処理技術者としての基盤となる基礎的素養及び基礎的スキルを修得する。
(G-2)マルチメディアコンテンツを開発処理する基礎的技術
(G-3)コンピュータヒューマンインタフェースを開発構築する基礎的技術
(G-4)人間の知性・感性を知り応用するための知性・感性情報工学における基礎的技術
(H)目的達成までの一連の作業を、自立的にあるいは他者と協力して計画的に進める能力,及び計画の進捗を把握し必要に応じて修正する能力を修得する。
[その他]
本授業では,山梨大学 e-Learning システム(Moodle)を使用します.
http://moodle.yamanashi.ac.jp/