山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
ディジタル回路演習
大木 真
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
262031 1 S 1 集中 (未登録) (未登録)
[概要]
ディジタル回路はコンピュータ機器のハードウェア的な基礎となる技術であり,きわめて実用的な工学である.したがって,理論を理解できるだけでなく実際に設計が行えることが重要である.本科目では,組合せ回路および順序回路の設計法について具体的な例題を通して習熟することを目指す.
[具体的な達成目標]
(ア)数を,2進数・8進数・16進数で表現することができる.
(イ)数の補数を計算することができる.
(ウ)論理式から真理値表を書くことができる.
(エ)真理値表から論理式を導くことができる.
(オ)真理値表あるいは論理式から回路図を描くことができる.
(カ)回路図から真理値表あるいは論理式を導くことができる.
(キ)カルノー図を用いて回路を簡単化することができる.
(ク)状態遷移表・状態遷移図を書くことができる.
(ケ)状態遷移表からフリップフロップを用いた順序回路を導くことができる.
(コ)記憶素子の種類と基本的な特徴を説明することができる.
[必要知識・準備]
高校で学ぶ数学
「情報処理及び実習」で学ぶコンピュータの利用法
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 100  %具体的な達成目標(ア)から(コ)の6割以上を達成しているかどうか,を評価する 
[教科書]
  1. 伊原充博・若海弘夫, ディジタル回路, コロナ社, ISBN:4339011932
[参考書]
  1. 肥川宏臣, ディジタル電子回路, 朝倉書店, ISBN:9784254229042
  2. 猪飼國夫・猪飼維斗, 改訂新版 定本ディジタル・システムの設計, CQ出版, ISBN:9784789838924
  3. 角南英夫, 半導体メモリ, コロナ社, ISBN:978433900798
  4. 浅井秀樹, ディジタル回路演習ノート, コロナ社, ISBN:4339007358
[講義項目]
 1.論理シミュレータの使用法,レポートの作成法
 2.記数法と符号系
 3.ブール代数(1)
 4.ブール代数(2)
 5.ディジタル回路の設計法
 6.ディジタル回路の実現素子
 7.組合せ回路
 8.フリップフロップ
 9.カウンタ
10.2進演算回路
11.メモリ
12.ディジタルIC
13.ディジタル回路の応用
14.演習のまとめと小テスト
15.小テストの解答解説
[教育方法]
本演習では毎回課題を与えてレポートを提出させる.また,必要に応じて論理回路シミュレータを使用する.
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《電気電子システム工学科》
C-6:電気電子工学分野の専門的課題を解決する能力を養う
演習科目・実習科目において専門的な課題を理解・解決し,必修の実験科目において講義で身につけた専門知識を駆使して実験を遂行する過程を通じて,電気電子工学分野の専門的課題を解決する能力を養う
 
[その他]
本演習は,2011年までの入学生を対象とするものであり,2012年以降の入学生は対象としない.