山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
電気回路II演習
教育主任
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
262011 1 ES 2 集中 (未登録) (未登録)
[概要]
 電気回路II演習は、講義科目「電気回路II」と表裏一体の科目であって講義で学んだ学習項目に関して講義の進展状況に応じて具体的な問題を解いて理解を深める。講義で修得したいろいろな現象を具体的な数字の入った問題で解くことにより理解が一層深まるものです。従って演習では学習者本人が紙と鉛筆を使って成る可く多くの問題を解ことをします。ときには問題の解答を黒板に板書して多くの人に説明する訓練も取り入れ、プレゼンテイションの力も付けることを目指します。他人に説明することはより理解を深めるのに役立つものです。
 本講義は集中講義形式で行います。
[具体的な達成目標]
相交流の基本(電力、位相関係、力率等)を理解する。例えば三相交流を使って回転磁界が作れる原理を理解する。
基本的な歪波形をフーリエ級数に展開できる。
分布定数回路の特性、表示方法、接続法を理解する。
簡単なRLC回路の過渡現象を理解し、回路動作を求めることが出来る。
[必要知識・準備]
 電気回路Iおよび電気回路I演習で学んだR、L、Cなどの回路素子の性質、回路解析手法およびキルヒホッフの法則などについて、講義開始前によく復習しておくこと。また、微分積分をはじめとする数学的能力も確かなものにしておくこと。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 45  %過渡現象、フーリエ級数等の基礎知識を把握しているか. 
2試験:中間期 45  %三相交流回路の基本動作を理解しているか 
3小テスト/レポート 10  %各項目の基礎知識の把握度をチェック 
[教科書]
  1. 基礎からの交流理論, 電気学会, ISBN:4886862306
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
本講義は集中講義形式で以下の内容を講義し、演習を行う。

第1回:三相交流(1) 三相交流の基礎1(電源と負荷の結線法)
第2回:三相交流(2) 三相交流の基礎2(各結線における、各部電流および電圧の導出法)
第3回:三相交流(3) 三相交流の電力(電力、力率の計算法および測定法)
第4回:三相交流(4) V形結線(V形結線の基礎解析)
第5回:歪み波交流(1) ひずみ波の分解とフーリエ級数
第6回:歪み波交流(2) フーリエ級数によるひずみ波解析
第7回:歪み波交流(3) 三相回路におけるひずみ波の電流、電圧、電力。
第8回:伝送線路(1) 線路の分布定数回路
第9回:伝送線路(2) 基礎方程式(波動方程式)の導出
第10回:伝送線路(3) さまざまな端子条件における内部電流・電圧分布の導出
第11回:過渡現象(1) RL直列回路における過渡現象解析
第12回:過渡現象(2) RC直列回路における過渡現象解析
第13回:過渡現象(3) RLC直列回路における過渡現象解析
第14回:過渡現象(4) R,L,Cを組み合わせた複雑な回路の解析
第15回:評価(総括とまとめ)
[教育方法]
講義の理解を深めるために随時練習問題を解きながら行う。教科書を中心に進める。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《電気電子システム工学科》
C-6:電気電子工学分野の専門的課題を解決する能力を養う
演習科目・実習科目において専門的な課題を理解・解決し,必修の実験科目において講義で身につけた専門知識を駆使して実験を遂行する過程を通じて,電気電子工学分野の専門的課題を解決する能力を養う
 
[その他]
(未登録)