山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 日本文芸史I
時間割番号 162013
担当教員名 池田 尚隆
開講学期・曜日・時限 前期・月・III 単位数 2
<対象学生>
2〜4年生
<授業の目的および概要>
平安時代の文学史。社会や先行作品の影響を受けながら、さまざまな文学ジャンルや作品が生み出される過程を考察する。漢詩、和歌、物語、日記、随筆、歴史物語、説話集などを取り上げる。
<到達目標>
平安時代の文学作品の、文学史上における特徴を理解する。
<授業の方法>
講義
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 80  %講義内容を踏まえたうえで、自分の考えを表現できているか。 
2受講態度 20  %講義科目であるが、適宜、課題についての発表や、議論への参加を求める。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
できるだけ作品本文をコピーして配りますので、講義を聞くだけでなく、自分で作品を読むことを心がけてください。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1   ガイダンス 平安時代の始まりと文学環境
2   唐風謳歌の時代
3   『古今和歌集』
4   物語の発生
5   歌物語
6   物語の進展
7   『枕草子』
8〜10 『源氏物語』
11   歴史物語の発生
12   『栄花物語』
13   『大鏡』
14   説話物語 『今昔物語集』
15 まとめ