山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 情報処理及び演習
時間割番号 L01002 B
担当教員名 島崎 洋一
開講学期・曜日・時限 前期・火・III 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
実験データの整理や文書・レポート作成、レポート提出、先生への質問、お互いの情報交換などにコンピュータを道具として利用できるようになること、すなわち「情報リテラシー」を身につけることを目標とする。また、コンピュータのネットワーク環境を理解し、有効に活用できることを目標とする。さらに、道具として使いこなすだけでなく、コンピュータ、ネットワーク環境を利用する上での情報倫理についても理解する。コンピュータを実際に使いながら学習する。
<到達目標>
情報リテラシー、情報倫理の基礎を修得することができる。
コンピュータのネットワーク環境の基礎を理解することができる。
文書作成、表計算、プレゼンテーションのソフトを活用することができる。
<授業の方法>
授業の最初に講義項目を説明する。その後、各自でコンピュータの演習を行う。
インターネット(e-learningシステム)を活用し、レポートの作成や提出をする。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %レポート提出を重視し、課題に対する理解力や表現力を問う。 
2受講態度 50  %2/3以上の出席は単位取得の必要条件である。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
(未登録)
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
第1回:イントロダクション
 コンピュータ、インターネット、電子メイルの基本操作を行うことができる。

第2回:e-learnigシステムの使い方
 タイピング演習、e-learnigによる課題提出を行うことができる。

第3回:情報倫理
 情報セキュリティや著作権問題を理解することができる。

第4回:ホームページ作成の演習1
 HTML言語の基本文法を理解することができる。

第5回:ホームページ作成の演習2
 ハイパーリンクの設定を行うことができる。

第6回:ホームページ作成の演習3
 スタイルシートの設定を行うことができる。

第7回:文書作成ソフトの演習
 文書作成ソフトの基本操作を理解することができる。

第8回:表計算ソフトの演習1
 表計算ソフトの基本操作を理解することができる。

第9回:表計算ソフトの演習2
 データ入力に基づき図表を作成することができる。

第10回:表計算ソフトの演習3
 表計算ソフトの機能を用いて、データ処理を行うことができる。

第11回:文書作成ソフトと表計算ソフトの総合演習
 文書作成と図表編集を組み合わせて、使うことができる。

第12回:プレゼンテーションソフトの演習1
 プレゼンテーションソフトの操作手順を理解することができる。

第13回:プレゼンテーションソフトの演習2
 収集した情報を抽出し、発表形式にまとめることができる。

第14回:プレゼンテーションソフトの演習3
 プレゼンテーションソフトを用いて、発表することができる。

第15回:評価:総括・まとめ
 演習内容に関する理解度を把握し、総括を行うことができる。