山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
組込み設計演習
丹沢 勉
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
268152 1 JM 2 後期 II
[概要]
高度な情報システムを設計,製作しようとすると,ASICの設計と検証ができる必要がある.この授業の目的は,講義と演習を通してハードウェア的なディジタル回路の基礎を理解し,簡単なASICの設計,検証の方法を身につけることである.
授業では,VHDLを取り上げて,PC上の統合環境上で実際に論理合成を行い,シミュレータによる動作の検証,及び,ASICを搭載した評価回路による実機動作確認を行う.講義中の実習課題に対し,レポート作成し,実際に役立つ技術を身に付ける
[具体的な達成目標]
1. 論理回路を理解する
2. ASICの開発手順を実習する
3. 電子回路ハードウェアのソフト記述の特徴を理解する
4. VHDL記述を、実際の回路動作により確認する
[必要知識・準備]
組込み設計の授業を受講しておくことが望ましい
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 100  %中間レポート40% 期末レポート 40% 小テスト20% 
[教科書]
  1. 堀 桂太郎, 図解 VHDL実習 第2版 - ゼロからわかるハードウェア記述言語, 森北出版, ISBN:4627783922
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
 1.論理代数の基礎, 記数法
 2.ブール代数,ディジタル回路
 3.論理回路組み合わせ回路
 4.フリップフロップ
 5.HDLによるASICの設計方法,統合開発環境の概要
 6.回路図入力の実習
 7.VHDL記述の実習
 8.論理合成とデバッグ
 9.シミュレーション解析
10.講義前半のまとめなど
11.VHDL記述の応用
12.複雑な回路の記述
13.複雑な回路の開発実習1
14.複雑な回路の開発実習2
15.講義後半のまとめなど
[教育方法]
実際に論理記述、合成、シミュレーション、実回路による動作まで、一連の流れを実習できる.
・ 複雑な回路の開発実習では,身の回りにある組込みシステムを課題にあげ、総合的な技術を習得する.
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
(未登録)