山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 こころの健康づくり
分類・系統健康福祉 心身・芸術系
時間割番号 063656
担当教員名 伊藤 美佳
開講学期・曜日・時限 前期・月・II 単位数 2
<対象学生>
受講生は30名を限度とします。
<授業の目的>
コミュニケーションに関する知識や理解を深め、またコミュニケーションスキルアップを図ります。人間関係づくりについて具体的・体験的に学習することを目的とします。授業では自分自身のものの見方・考え方を捉えながらの自己理解を深めていきます。またグループワークを通しての他者理解を深め、相対的な視点に立った自己への気づきを促すことを目指します。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1 知識と視野青年期は社会に出ていく一歩手前の自己形成の時期にあたり、自分という土台づくりの時期とも言えます。学生自身が自分をみつめ、他者との関係について広く考え、体験から学びを得る機会となります。
2 能力と技能学生がコミュニケーションスキルを身につけることや自分のこころの健康増進のためのスキルアップを目標とします。他、将来対人援助職に就きたい学生や教員志望の学生にとって、その手法を得る機会になるような授業内容を工夫します。
3人間性と倫理性価値観が多様化している社会において、自分と異なる他者に対して寛容になっていくことが必要となります。しかしこれは言葉で言うほどたやすくありません。授業を通して人間関係のあり方について理解し洞察を深めます。
<授業の方法>
授業は個人ワーク・グループワークを中心に行います。授業に必要な資料は講師が用意します。学生は初回より自分のペンネームを決め、毎回ひと言メッセージを書き記し、学生全体で共有していきます。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:中間期 20  %授業で取り上げた内容に関するレポートを課し知識の定着を問います。 
2小テスト/レポート 30  %内容を理解し、さらに自己理解に関するレポートを求め、独自性を評価します。 
3受講態度 50  %個人及びグループワークが多いことから主体的に取り組む姿勢をみていきま。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
積極的に参加する授業となります。学年や学部の垣根を越えたつながりを形成することも目的です。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
受講生からの意見や要望を反映させ、内容を変更することがあります。予定としては以下の項目に関して進めていきます。

1.自分について   個人ワーク:東大式エゴグラム<質問紙>を用いての自己理解
2.自分について   個人ワーク:イメージ描画を用いての自己理解
3.自己概念について 個人ワークとグループでの共有 
4.価値観について  グループワーク「クルーザー物語」 お互いの価値観の異なりへの気づきを促し、すり合わせをしていく機会を提供する 
5.語り場<自己理解・他者理解を促進する場>希望テーマを決めグループ内でシェア
6.自分の考え方のクセをみつけよう(認知行動療法について)
7.人が人を理解することについて 伝え方・きき方について学ぶ
8.効果的なコミュニケーション(アサーション)をめざして
9.コミュニケーションのしくみについて
10.語り場<自己理解・他者理解を促進する場>希望テーマを決めグループ内でシェア
11.発達段階における青年期について 
12. ストレスとそのセルフマネジメントについて
13.語り場<自己理解・他者理解を促進する場>希望テーマを決めグループ内でシェア
14.自分の振り返り  個人ワーク:東大式エゴグラム・イメージ描画を実施し自分の変化について確認する
15. 総括評価・まとめ  ストレスマネジメントやコミュニケーションに関する理解度や習得手法の今後に向けた活かし方をまとめる
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《コンピュータ・メディア工学科 情報メディアコース》
(C) 科学技術が社会や自然に及ぼす影響や効果までを考慮できる多面的な地球的視野を会得し、国際的なコミュニケーションを可能とする基礎能力を修得する。