山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 アウトドアパスーツII
分類・系統健康福祉 心身・芸術系
時間割番号 063621
担当教員名 川村 協平 
開講学期・曜日・時限 後期・火・I 単位数 2
<対象学生>
全学部、全学年
<授業の目的>
この授業ではアウトドアでの楽しい体験を行います。授業は、安全や事前の準備等に関する講義を行い、週末、休日を利用して日帰り、または宿泊での活動をします。各プログラムのなかで小グループを形成し、活動の企画・立案します。さらに、渉外、記録、食料、装備その他の役割を分担し、一連の活動を学生自らが主体的に進めていく授業です。実際のアウトドアで、安全で楽しく、自然環境に配慮した活動を目指しています。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1 知識と視野アウトドアに関する企画、安全管理、環境配慮などの基礎的な知識の習得
2 能力と技能難しい技術は問われないが、自己安全管理のためにアウトドア体験に必要な最低限の備品を準備する能力、天候予測能力などが必要。自分の命は自分で守るために備える気持ちが必要
3人間性と倫理性人間が自然の1員であるという自覚のもと、謙虚に自然とつきあう気持ちを持つ。人を傷つけない、自然を傷つけない、自分を傷つけないこと。
<授業の方法>
講義とアウトドアでの体験
授業で提示したアウトドアプログラムの中から2つ(場合によっては3つ以上可)選択し、体験する。
体験したプログラムを紹介するプレゼンテーションを行う
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 20  %体験したプログラムを紹介するプレゼンテーションを行う 
2小テスト/レポート 20  %プログラムを体験した後それぞれの活動をまとめたレポートを提出する 
3受講態度 40  %授業への積極性を評価する 
4発表/表現等 20  %授業の最後に活動をまとめたプレゼンテーションをおこないお互いに評価する 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
自然にたっぷりつかりながら、仲間とゆっくり語り、自分自身を静かに見つめる体験を共有しましょう。人を攻撃したり、自然を傷つけたり、自分自身を 傷つけたりしないことがこの授業の約束事です。人を攻撃したり、自然を痛めつけたり、自分自身を傷つけないことがこの授業の一番の約束事です。
アウトドア体験には危険が伴います。どこかにでかけて体験するためには費用がかかります。週末が何回かつぶれます。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1 授業概要の提示
2 講義「アウトドアパスーツの現代的意義」
3 講義「アウトドアにおける安全管理(1 )」参加するプログラム決定
4 〜5 アウトドアパスーツ演習(1 )
富士五湖をめぐるマウンテンバイクおよびカヌー(富士五湖)
6 講義「アウトドアにおける安全管理(2 )」
7 〜8 アウトドアパスーツ演習(2 )沢歩き
9 アウトドアパスーツ演習(3 )1 泊ソロプログラム(森の中で一晩一人で過ごす)
10講義「アウトドアと環境教育」
11 〜12 アウトドアパスーツ演習(4 )バックパッキング(リュックとテント等をかつい  
 で旅行する)
13 〜14 アウトドアパスーツ演習(5 )雪の中でのアウトドア体験(雪上キャンプやネイ
 チャースキーなど)
15 総括評価・まとめ
授業の内容が受講学生と相談の上決定します
その他アラスカでのイヌぞり体験キャンプ、アメリカ国立公園をめぐるキャンプなど各種アウトドアプログラムを用意しています
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《機械システム工学科機械デザインコース》
(A)【機械工学の意義】
幸福・福祉の意義,自然と社会との係わりが理解でき,これらに及ぼす機械工学の影響が理解できる能力を身につける.
《コンピュータ・メディア工学科 コンピュータサイエンスコース》
(A)情報処理技術者としての自らの活動が自然や社会,人に与える影響を理解し,問題解決にあたることができる知識と技術,およびコミュニケーションスキルを習得する
《コンピュータ・メディア工学科 情報メディアコース》
(C) 科学技術が社会や自然に及ぼす影響や効果までを考慮できる多面的な地球的視野を会得し、国際的なコミュニケーションを可能とする基礎能力を修得する。
《土木環境工学科》
A.技術者の責務の自覚
 土木環境技術が人間社会や自然環境の変化に及ぼす効果・影響を理解し、自然と調和した人類の持続的発展のために土木環境技術者が果たすべき責務を自覚する。