山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 かたちの不思議と幾何学的デザイン
分類・系統人文科学 心身・芸術系
時間割番号 063611
担当教員名 村松 俊夫
開講学期・曜日・時限 後期・木・I 単位数 2
<対象学生>
全学生対象。人数制限50名(演習を多用するため)。
<授業の目的>
デザインにかかわる「かたち」のありようを、“不思議”という情緒的な視点と“幾何学”という合理的な側面の双方から概説する。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1 知識と視野幾何学的「かたち」の基本構造を再確認した後、様々なデザインの中にその応用例を探る。
2能力と技能実際に手で図を描き、実践的に知識の定着をはかりながら正確・丁寧な作図能力を培う。
<授業の方法>
講義科目であるが、提出物を前提とする演習も積極的に取り入れる。
視聴覚メディアと実物を多用し、平易に解説したい。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 70  %授業理解度、発表・表現力を見るための演習課題をほぼ毎回設定。その提出状況・内容により評価。 
2受講態度 30  %能動的受講姿勢を高く評価。日常的勉学努力も考慮する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
演習には、簡単な文房具類(A4版レイアウト用紙、はさみ、カッター、セロテープ、三角定規、コンパスなど)が必要である。導入授業時に指示するので、各自が用意すること。
授業の進み具合によっては、内容の変更・順序の入れ替わり・一部割愛などがありうる。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 随時紹介。
<授業計画の概要>
1.ガイダンス
2.規・矩・準・縄 etc.
3.○△□/丸・山梨大学校章 etc.
4.○△□/三角・デュードニーの解 etc.
5.○△□/四角・矩形のいろいろ etc.
6.黄金比と正五角形 etc.
7.正奇数角形のかたち etc.
8.螺旋と楕円 etc.
9.□・タングラム・清少納言知恵板 etc.
10.○・コロンブスの卵 etc.
11 ○・転がるかたち etc.
12.□による空間・立方体の展開 etc.
13.△による空間・正4面体の2等分 etc.
14.△による空間・ジオデジックドーム etc. 
15.総括評価・まとめ etc.
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《機械システム工学科機械デザインコース》
(A)【機械工学の意義】
幸福・福祉の意義,自然と社会との係わりが理解でき,これらに及ぼす機械工学の影響が理解できる能力を身につける.
《コンピュータ・メディア工学科 コンピュータサイエンスコース》
(A)情報処理技術者としての自らの活動が自然や社会,人に与える影響を理解し,問題解決にあたることができる知識と技術,およびコミュニケーションスキルを習得する
《コンピュータ・メディア工学科 情報メディアコース》
(C) 科学技術が社会や自然に及ぼす影響や効果までを考慮できる多面的な地球的視野を会得し、国際的なコミュニケーションを可能とする基礎能力を修得する。
《土木環境工学科》
A.技術者の責務の自覚
 土木環境技術が人間社会や自然環境の変化に及ぼす効果・影響を理解し、自然と調和した人類の持続的発展のために土木環境技術者が果たすべき責務を自覚する。