山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 思考の整理術
分類・系統社会科学 社会系
時間割番号 063254
担当教員名 栗田 真司/竹端 寛/八代 一浩/関野 陽一/中山 友江
開講学期・曜日・時限 集中・(未登録)・(未登録) 単位数 2
<対象学生>
大学コンソーシアムやまなしの単位互換コーディネート科目のため、県内の大学に在籍する1、2、3、4年生及び一般。
<授業の目的>
 断片的な情報を整理・統合して、知的生産性を向上させたり、問題解決の糸口を探る思考の整理方法につ いて学ぶ。具体的な情報整理の方法として、書籍や雑誌、新聞記事、ウェブや携帯端末情報をどのように整理し読み解くのかを体験し、考察する。
開講場所は、新県立図書館「かいぶらり」の交流室101の予定である。
授業は、テーマ別に5名の教員が各3回の講義を担当する。
大学コンソーシアムやまなしの平成25年度単位互換コーディネート科目である。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1知識と視野・ KJ法、マインドマップなどの個人による思考整理法を習得する。
・ ワークショップ手法などの集団発想法、集団思考法を習得する。
・ 書籍や雑誌、新聞記事、インターネット情報の特性と整理、活用方法を習得し考察する。
<授業の方法>
講義と個別やグループによる演習。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 40  %課題解決力、発想力、コーディネート能力。 
2発表/表現等 60  %プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
(未登録)
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
場所は、全回とも山梨県立図書館交流室101

1日目 5月18日(土)10:40〜16:20(休憩、昼食休憩含む)
栗田 真司 (山梨大学)
第1回 集団思考の基礎技法
第2回 相互援助と集団の意思決定過程
第3回 グループによるプログラム活動

2日目 6月1日(土)10:40〜16:20(休憩、昼食休憩含む)
八代 一浩(山梨県立大学)
第4回 知の技法(1)考えを整理するということ
第5回 知の技法(2)発想をするための方法
第6回 知の技法(3)まとめるための方法

3日目 6月8日(土)10:340〜16:20(休憩、昼食休憩含む)
関野 陽一(山梨英和大学)
第7回 図書館活用による課題解決(1)
第8回 図書館活用による課題解決(2)
第9回 図書館活用による課題解決(3)

4日目 6月15日(土)10:40〜16:20(休憩、昼食休憩含む)
竹端 寛(山梨学院大学)
第10回 ウェブや携帯も活用した知的生産術(1)
第11回 ウェブや携帯も活用した知的生産術(2)
第12回 ウェブや携帯も活用した知的生産術(3)

5日目 6月22日(土)10:40〜16:20(休憩、昼食休憩含む)
中山 友江(山梨学院短期大学)
第13回 新聞を知る
第14回 新聞スクラップによるグループディスカッ ションとプレゼンテーション
第15回 ライフステージと新聞