山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 日本語表現の現在
分類・系統人文科学 文化系
時間割番号 063040
担当教員名 長谷川 千秋
開講学期・曜日・時限 後期・火・V 単位数 2
<対象学生>
全学生対象
<授業の目的>
現代日本語の表現のあり方を、具体的な事例をもとに考えていきます。そして、日本語の表現が多様であることの意味を、文化・社会と言語の関わりという観点から考えていきます。
<到達目標>  到達目標とは
No重要度目標詳細
1知識と視野ことばに関する知識を養い、ことばや文化をステレオタイプでなく多角的に捉える力を養う
<授業の方法>
講義を中心としますが、与えられた課題について学生が発表し討論する時間があります。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %論述式による試験を行う 
2小テスト/レポート 40  %与えられた課題に対して積極的に取り組んでいるか 
3受講態度 10  %発表の場での積極的な発言が見られるか 
4発表/表現等 10  %与えられた課題に対して積極的に取り組んでいるか 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
自分自身のことばを振り返り、当たり前のことに疑いをもち、答えを探求するという意識をもって受講してください。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
第1回 オリエンテーション、ことばに対する意識アンケート
第2回 コミュニケーションとは何か
第3・4回 表現が意味していることは?
第5・6回 場面と話し方(スタイル)の選択
第7・8回 思いを伝えることばとは?
第9・10回 人を説得することばとは?
第11・12回 ことばで人物を描きわける:漫画のキャラクターのことば
第13・14回 地域のことば(方言)
第15回 まとめ