山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
基礎統計学及び実習
秋津 哲也/本間 聡
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
252051 S 2 S 1 後期 IV
[概要]
大規模なデータに埋もれた意味を発見する統計的処理について学習する。教科書に基づいた基礎知識の学習とともに、計算機による大規模なデータの処理と可視化の技術の実習、サイコロの実験や数値計算によるシミュレーションを用いた実験と統計処理への応用を勉強します。
目標は、
 ・基礎的な統計量の理解と統計的情報の可視化ができる(表示統計)
 ・正規分布関数を理解し、多数のデータの場合に統計的推定ができる(大標本理論)
 ・少ないデータから母集団の統計的推定ができる(小標本理論)
回帰計算による線形モデル、相関係数の推定と信頼性
シミュレーションや数値計算にフリーソフトウェアーRとMicrosoft Excelを用いる。
[具体的な達成目標]
(1)データの特性をあらわす数値(平均・分散・相関係数等)の基本的な性質を
   理解し、データの整理に役立てることができる。
(2)確率変数及び確率分布の持つ役割や性質を説明できる。
(3)主要な確率分布の性質の違いを理解し、平均・分散等を求めることができる。
(4)標本調査における母集団と標本抽出の意味を理解でき、状況に応じた適切な
   標本抽出方法を選ぶことができる。
(5)抽出した標本から母集団の性質を推測する方法を理解し、具体的な例に適用
   することができる。
(6)統計学における仮説検定の手順を理解し、平均値・分散・適合度、回帰計算と千系モデル、相関係数等についての検定を行うことができる。
[必要知識・準備]
高校数学で得た基礎知識、簡単なコンピュータの操作
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:定期試験 35  %プレゼン、レポートと合計し、総合的評価で60%以上達成できた場合、合格とする 
2小テスト/レポート課題 35  %平均、分散、比率の区間推定、回帰計算、適合度検定などの統計処理について研究調査 
3発表/表現等 30  %統計データ処理のプレゼンテーション、準備、発表態度等を評価する 
[教科書]
  1. 小平 平治, ゼロから学ぶ 統計解析, 講談社, ISBN:4-06-154656-2
[参考書]
  1. 間瀬 茂、神保 雅一、鎌倉 稔成、金藤 浩司, 工学のためのデータサイエンス入門, 数 理 工 学 社, ISBN:4-901683-12-8
  2. 中澤 港, Rによる統計解析の基礎, ピアソン・エデュケーション, ISBN:4-89471-757-3,
    (詳しい内容や演習問題については著者のホームページ参照)
[講義項目]
1.確率・統計の基礎
  統計データのヒストグラム、グラフによる視覚化
  地方自治体の人口と商業施設数の相関
2.分布関数
  正規分布、スチューデントのt分布、χ2乗分布
3.確率過程とその応用
  大数の法則と中心極限定理のシミュレーション
  確率変数と統計的検定、母平均、母比率、母分散の推定と検定
  回帰計算と線形モデル
  分散分析
  適合度検定と相関係数、線形回帰モデルの信頼性
[教育方法]
講義の約半分は教科書に基づいて確率と統計学の基本的な事項について学ぶ。学んだ内容を消化するため、情報メディアセンターにおいてコンピュータによる工学のためのデータ解析の手法を学ぶ。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《電気電子システム工学科》
C-1:数学,物理学などの自然科学の基礎学力を養う
基礎教育部門(数学,物理,化学,実験など)の科目を通じて,自然科学の基礎学力を身に付け,専門科目に応用する能力を養う
 
[その他]
(未登録)
[学生による授業評価アンケートに関する記述]
統計データについては毎年例題を更新している。Excelを使用している問題についてはR等のフリーソフトウエアーの教材を開発しているので解決予定。情報メディアセンターの第3実習室はデスプレィによって仕切られているため視認性が悪く、講義室の隅に着席した場合には空調装置の雑音によって声が聞こえないなどの問題がある。前方のコンソールの学生とは対話的に講義を進めているので、できるだけ前方のコンソールに着席してもらいたい。